「射幸心(しゃこうしん)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「射幸心(しゃこうしん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「射幸心」の意味をスッキリ理解!

射幸心(しゃこうしん):偶然の利益や幸運を望む心

「射幸心」の意味を詳しく

射幸心は、思いがけない利益や幸運を望む心を指す言葉です。射幸心には、こうした幸運により、苦労なく利益を得たいと思う心という意味もあります。

射幸心は、元々「射倖心」と書かれていました。「倖」は、思いがけない幸せを表す漢字です。しかし、「倖」の字は常用漢字ではなため、射幸心という表現が使われるようになりました。

「射幸心を煽る」

射幸心はよく、「射幸心を煽る(あおる)」という表現で使われます。これは、射幸心を増長させるような仕組みを指すときによく使われます。

射幸心を煽るものとして、宝くじや競艇(きょうてい)、パチンコなどのギャンブルが挙げられます。日本においてはギャンブルが規制されていますが、これも政府が「国民の射幸心をあおるのは勤労によって財産を得ようとする健全的な経済的風俗を害する」と定めているからです。

 

宝くじ

宝くじが射幸心を煽る理由としては、派手な宣伝が挙げられます。宝くじは当選確率が非常に低いですが、テレビなどのメディアで大々的に宣伝を行うことにより、視聴者に「自分でも当たるかも!」と思わせます。それにより射幸心を煽っています。

パチンコ

パチンコが射幸心を煽る理由としては、台の演出が挙げられます。パチンコは、負けてる時でも大逆転が狙えるという性質上、投入金額が多くなるという傾向があります。さらに、大音量や画面の点滅など派手な演出が入ることにより、射幸心を煽るのです。

 

金融先物取引

また、金融先物取引(きんゆうさきものとりひき)も射幸心を煽るとされています。これは投機的性格(とうきてきせいかく)が強いため、ついついのめりこんでしまうのです。

金融先物取引:株式などの金融商品について、特定の時期にそれらを売買することを現時点で予約する取引のこと

 

その他

他にも、雑誌の懸賞品やゲームへの課金も射幸心を煽るとされています。

ゲームへの課金が射幸心を煽る理由は、ガチャというシステムが関係しています。

ガチャというシステムでは、課金いたからといってレアアイテムが確定で出るとは限りません。しかしレアアイテムが出る確率は決まっているため、何回も回せば確実にレアアイテムを手に入れられると思い込みやすくなります。そのため、ゲームへの課金は射幸心を煽るのです。

「射幸心」の使い方

  1. 競馬は射幸心を煽りやすい。
  2. パチンコには、射幸心を煽る仕組みがある。
上記の例文のように、「射幸心」という表現は「煽る」と組み合わされて「射幸心を煽る」という使い方をすることが多いです。

「射幸心」の類義語

射幸心には以下のような類義語があります。

  • 山気:幸運を願って一気に勝負しようとする心
  • 野心:身に合わない望みを抱く気持ち
  • 色気:身に合わない望みを抱く気持ち

上記の中で、「色気」は主に「異性の心を引き付ける魅力」という意味で使われる言葉です。しかし、射幸心と似たような意味も持っている言葉です。

「射幸心」の英語訳

射幸心を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • speculative split
    (射幸心)

上記の表現の中で、“speculative”は「推測する」という意味の“speculate”が派生した単語です。また、“split”は「性格」という意味があります。

まとめ

以上、この記事では「射幸心」について解説しました。

読み方射幸心(しゃこうしん)
意味思いがけない利益や幸運を望む心
類義語山気、野心、色気など
英語訳speculative split(射幸心)

このように、射幸心は苦労なく幸運を望む心のことをいいます。射幸心はギャンブルへの依存を招くこともあるので、気をつけましょう。