「辛辣(しんらつ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「辛辣(しんらつ)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「辛辣」の意味をスッキリ理解!

辛辣(しんらつ):極めて厳しい言葉や表現のこと。また、味が非常に辛(から)いこと。

「辛辣」の意味を詳しく

「辛辣」は2つの意味を持ちます。

1つ目の意味は、「言葉や表現などが、極めて厳しいこと」です。評価などが厳しい時に使われることが多いです。また、2つ目は「味が非常に辛い」という意味です。

「辛」には「味が辛い」、そして「厳しい」という意味があります。「辣」もまた「味が辛い」「厳しい」「むごい」という意味を持ちます。つまり、同じ意味の漢字を並べて「厳しい」と「辛い」を強調した熟語なのです。

スポンサードリンク

「辛辣」の使い方

  1. その評論家は、辛辣な表現で注目を集めている。
  2. それほど辛辣な言葉を使わなくても、言い方は他にあるでしょう。
  3. このラーメンは、数種類の唐辛子を使った辛辣なスープが特徴です。

❶の辛辣は、「厳しい」という意味で使われています。評価などをする際に使われます。❷も「厳しい」という意味ですが、こちらは「むごい」というニュアンスが含まれます。評価だけでなく、話す時の言葉づかいのことを辛辣と表現することもできるのです。

❸の辛辣は、味の表現として使われています。

「辛辣」の語源

「辛辣」は、中国語に由来します。中国語にも「辛辣(ピンイン)」という単語があり、こちらも「味が辛い、厳しい」という意味で使われています。

「辛辣」は、同じ意味の漢字を重ねることで、より「辛いこと」を強調しています。その「舌がヒリヒリするほど辛い」という表現が転じて、「言葉が厳しい」という意味でも使われるようになりました。

スポンサードリンク

「辛辣」の類義語

辛辣には以下のような類義語があります。

  • 痛烈(つうれつ):批判などが非常に厳しいこと
  • 苛辣(からつ):厳しく、激しいさま
  • 酷烈(こくれつ):容赦(ようしゃ)がなく、激しいこと
  • 酷評(こくひょう):批評が手厳しいこと
  • 苛烈(かれつ):むごいほど厳しいさま

「辛辣」の英語訳

辛辣を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • harsh
    (手厳しい)
  • cutting remark
    (厳しい意見)
  • bitter
    (痛烈な)

最もよく使われる単語が、 “harsh” です。“I was too harsh.(ちょっと強く言い過ぎました)” のように、会話でもよく使われます。人に対して「厳しい」という場合は、 “harsh on~” のように“on” をつけましょう。

「厳しい」という意味の英語には “strict” もありますが、 “harsh” とはニュアンスが異なります。

“strict” は「ルールなどの縛りが厳しい」という意味です。一方で、 “harsh” は「人の態度や、物事の度合いが厳しい」場合に使用します。

 

“cutting” は、単体で見ると「切断」や「冷たい」など様々な意味を持ちます。そのため、「辛辣」の場合は、 “remark” や “word” など言葉に関する単語とセットで使うようにしましょう。

「辛辣」は味の表現に由来しますが、英語にも似た表現があります。 “bitter” や “acid(酸っぱい)” なども、本来は味を表現する単語ですが、「辛辣」という意味にもなります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「辛辣」について解説しました。

読み方 辛辣(しんらつ)
意味 極めて厳しい言葉や表現のこと。また、味が非常に辛いこと。
語源 「舌がヒリヒリするほど辛い」という意味から
類義語 痛烈、苛辣、酷烈など
英語訳 harsh(手厳しい)

テレビや本などで、「辛辣」はよく使われます。意味と漢字をしっかり覚えて、日常の会話の中や、文章を書く時にも使うことができるといいですね。

スポンサードリンク