知って納得!「シンガー」と「シンガーソングライター」の違い

違いのギモン

時間があるときや、気分を上げたいときに音楽を聞く人は多いのではないでしょうか。読者のみなさんが聞いている音楽には、歌っている人や作曲をした人が当然います。

その音楽に欠かせない「シンガー」と「シンガーソングライター」の違いに関する記事をお届けします。

「シンガー」と「シンガーソングライター」の違いは、曲を書くか書かないかです。それでは実際に詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

結論:違いは、曲を書くか書かないか

「シンガー」と「シンガーソングライター」の違いは、どちらも歌を歌う人ですが、作曲を自分で行うかどうかで名称が変わります。「シンガー」は歌うだけ、「シンガーソングライター」は作曲も行い、歌も披露します。

「シンガー」をもっと詳しく

「シンガー」は文字通り歌を歌う人です。多くの場合、アイドルは「シンガー」にあたります。

楽曲はプロデューサーや作曲家の人が書いて、出来上がったものを「シンガー」がパフォーマンスとして歌を歌うというスタイルです。

「シンガー」に求められるのは、いかに楽曲に感情を込めて表現できるか、音程が正確であるかどうかです。その他にも、ビブラートや声量など上手に聞こえるテクニックを持っているかなどもポイントになります。

また極端な例えをすれば、カラオケを流して人前で歌を歌ってパフォーマンスすることは立派な「シンガー」と言えます。

スポンサードリンク

「シンガーソングライター」をもっと詳しく

では「シンガーソンフライター」とは一体何でしょうか。同じ「シンガー」でも、他の人から楽曲を提供されていません。楽曲を自分で製作して、歌ってパフォーマンスまで行うのが「シンガーソングライター」なのです。

「シンガーソングライター」は歌を歌う時に、歌を歌うだけではなくギターやピアノなどの楽器も同時に演奏します。

これは、多くの「シンガーソングライター」が、楽曲を制作するときに楽器を使用して楽曲を制作するからです。その楽器を使用して作曲した時のインスピレーションを大切に届けるために、楽器を使用して楽曲を披露するのです。

まとめ

以上、この記事では、「シンガー」と「シンガーソングライター」の違いについて解説しました。

  • シンガー:歌を歌ってパフォーマンスする人
  • シンガーソングライター:自分で作曲した歌を歌ってパフォーマンスする人

「シンガー」と「シンガーソングライター」の違いについてお届けしました。同じ歌を歌っている人でも、曲を書くか書かないかで呼び方が違ってくるのですね。

この違いを知っていると気になるアーティストがどっち側なのか知る際に役に立つかもしれませんよ。

スポンサードリンク