「終日(しゅうじつ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「終日(しゅうじつ)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「終日」の意味をスッキリ理解!

終日(しゅうじつ):朝から晩まで

「終日」の意味を詳しく

「終日」という熟語に用いられている漢字を訓読みすると「日が終わるまで」と読めます。

このことから、「終日」は「日が昇ってから沈むまでの時間のこと」を意味しているのです。

 

電気がなかった昔の生活では、太陽が昇っている間がそのまま「人間の活動時間」と言えました。しかし、現在では電気があるおかげで、外の明るさに関係なく活動を行うことができます。

そこから意味が転じて、日の光に関係なく「ある人や団体の1日における全活動時間のこと」を指す言葉としても「終日」は使われています。

スポンサードリンク

「終日」の使い方

「終日」の使い方の例として、以下のような文が挙げられます。

  1. 駅構内での喫煙は終日禁止されている。
  2. 本日、部長は終日会社におります。
  3. 昨日は終日、本を読みふけっていた。

上記の例文から分かるように、「活動時間」という意味での「終日」は、使われる対象によって指す時間が変わります

 

まず、施設やお店において「終日~している」とは「営業時間中ずっと~している」という意味です。1つ目の例文では、始発から終電までの「駅の営業時間」においては、構内禁煙であることを示しています。

次に、ビジネスシーンで「終日」と使われる場合は、「オフィスの空いている時間」のことを指します。2つ目の例文の場合、部長はその日一日、会社の空いている時間はオフィスにいるということを指しています。

そして、最後の例文のように、個人に関して用いられる場合は「起床してから就寝までの時間」を意味するのが一般的です。

「終日」の語源

「終日」という熟語は、もともと「ひねもす」と読まれていました。

「ひねもす」とは、日本の古来からの言葉である大和(やまと)言葉で、「朝から晩まで」を意味します。漢字の「終日」が中国から日本に入ってきた時に、両者が同じ意味を持ってることから「終日」を「ひねもす」と読むようになったのです。

現在は、音読みで「しゅうじつ」と読むのが一般的となっています。

スポンサードリンク

「終日」の類義語

終日には以下のような類義語があります。

  • 一日中:朝から晩まで

「一日中」も同じ意味を持っている単語ですが、「終日」の方がビジネスシーンでよく使われます

「終日」の対義語

終日には以下のような対義語があります。

  • 終夜(しゅうや):一晩中

もともと「日の出ている間中ずっと」を意味した「終日」に対して、「終夜」は「夜の間中ずっと」という意味があります。

スポンサードリンク

「終日」の英語訳

終日を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • all day
    一日中

「終日」を英語で表現する場合、「1日の全て」を意味する “all day” を使いましょう。例えば、“I was absent all day yesterday.” と言えば、「昨日は終日不在でした」という意味になります。

ちなみに “long” を語尾に付けて、“all day long” という形で表現されることもあります。意味に違いはありません。

まとめ

以上、この記事では「終日」について解説しました。

読み方 終日(しゅうじつ)
意味 朝から晩まで
語源 大和言葉のひねもすから
類義語 一日中
対義語 終夜
英語訳 all day(一日中)

活動時間を指す言葉として「終日」を知っておくととても便利です。意味や使い方等をきちんと押さえておきましょう。

スポンサードリンク