四字熟語「針小棒大(しんしょうぼうだい)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「針小棒大(しんしょうぼうだい)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「針小棒大」の意味をスッキリ理解!

針小棒大(しんしょうぼうだい):ある物事について大げさに話すこと

「針小棒大」の意味を詳しく

「針小棒大」は「針ほど小さいものを、棒のような大きさであるかのように話す」ということを表します。

「針」と「棒」が並んで置かれている様子を想像しましょう。

両者のサイズを比べてみると、「棒」は「針」よりもかなり大きいですね。ですから、本当は「針」ほどの大きさしかないものを「棒のように大きい」と説明してしまうと、誇張して物事を伝えていることになります。

つまり、「針小棒大」は、ある物事について、実際よりも大げさに話すことという意味をもつのです。

スポンサードリンク

「針小棒大」の使い方

  1. インターネットの記事には針小棒大なものが多いので、うのみにしないことが重要だ。
  2. 彼の通学時間はわずか30分であるのにもかかわらず、周囲の人に「1時間かけて学校に来ている」と言っていた。あの発言は針小棒大ではないだろうか。

「針小棒大」の類義語

「針小棒大」には以下のような類義語があります。

  • 大言壮語(たいげんそうご):実力にともなわない大げさな発言をすること

「誇張して話す」という点が共通しているため、「大言壮語」は「針小棒大」の類義語といえます。

ただし、「大言壮語」には「針小棒大」にはない意味合いがあることに注意しましょう。「針小棒大」は大げさに表現する対象が決まっていないのに対して、「大言壮語」では、「本人の実力に合っていない内容」を対象にして誇張するのです。

スポンサードリンク

「針小棒大」の英語訳

「針小棒大」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • exaggerate
    (誇張する)
  • overstate
    (大げさに話す)
  • make a mountain out of a molehill
    (大げさにする)
  • high‐flown
    (大げさな)
  • bombastic
    (誇大な)

日本語で「針小棒大」を使うときは、「針小棒大だ」「針小棒大な」というように、形容詞や形容動詞のかたちにするのが一般的です。「針小棒大する」と動詞形では用いられません。

しかし、英語では “exaggerate” や “overstate” “make a mountain out of a molehil” などを使って、動詞のかたちで「針小棒大」を表すことができるのです。

まとめ

以上、この記事では「針小棒大」について解説しました。

読み方針小棒大(しんしょうぼうだい)
意味ある物事について大げさに話すこと
類義語大言壮語
英語訳exaggerate(誇張する)、high‐flown(大げさな)など

「話を面白くするために、誇張して話してしまう」ということがありますね。しかし、「針小棒大」を繰り返すと、周囲の信用を失ってしまいます。

物事のありのままを正確に話すことが大切なのです。

スポンサードリンク