「振興(しんこう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「振興(しんこう)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「振興」の意味をスッキリ理解!

振興(しんこう):物事を盛んにすること、また、物事が盛んになること

「振興」の意味を詳しく


「振興」とは、「物事を盛んにすること、また、物事が盛んになること」です。特に、学問や産業の繁栄について言う場合に多く用いられます。

振興は、学問や産業などの物事が大きくなる過程を指す言葉です。人や物が増えたり、知見が広がることを指しています。

振には、「奮(ふる)い起つ」「盛んになる」という意味があります。また、興は訓読みすると「興す(おこす)」となります。「興」は、振と同様に「盛んになる」という意味を持っています。

「振興(しんこう)」と「新興(しんこう)」

「振興」と「新興」は、読み方が同じで、漢字も同じものが使われています。これらの言葉は見た目上ではとてもよく似ていますが、両者の意味はそれぞれ異なっています。

「振興」とは、すでに解説した通り「物事を盛んにすること、また、物事が盛んになること」です。

一方、「新興」は、「新しい勢力が起こること」という意味です。「この分野では、新興企業が勢力を増している」などのように用いられます。

これらの言葉の意味の違いを理解し、正しく使い分けられるようにしましょう。

スポンサードリンク

「振興」の使い方

  1. 小さな商店街の振興に力を入れる。
  2. 新規産業の振興を図る。
  3. 我々のボランティア団体は、地域の伝統文化を振興する活動を行っている。

❶❷は、「〇〇の振興」のように、「振興」を名詞として用いている例です。

一方、❸のように「〇〇を振興する」という形で、動詞として用いることも出来ます。

「振興」の類義語

振興には以下のような類義語があります。

  • 振起(しんき)奮い起こすこと、盛んになるように力を入れること
スポンサードリンク

「振興」の対義語

振興には以下のような対義語があります。

  • 衰退(すいたい):勢いや力が衰えたり、弱まったりすること
  • 衰微(すいび):勢いが衰え、弱くなること

「衰退」と「衰微」はほとんど同じ意味です。

「衰退」は文化などの衰えを表す際に用いられることが一般的です。一方、「衰微」は、文化だけでなく国家のなどの衰えも表現することが出来ます。

「振興」の英語訳

振興を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • promotion
    (振興、奨励、助長)
  • development
    (発展、振興)
  • furtherance
    (促進、推進、助成)

promotionは、名詞である「振興」の英語訳です。「振興する」「振興を図る」という動詞の形では、promoteとなります。

この動詞を用いると、 “promote the development of industry(産業の振興を図る)” のように表現することができます。ofの以降の “industy” の部分を他のものに置き換えることで「〇〇の振興を図る」と、様々なものに対して言うことができます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「振興」について解説しました。

読み方振興(しんこう)
意味物事を盛んにすること、また、物事が盛んになること
類義語振起
対義語衰退、衰微
英語訳promotion(振興、奨励、助長)

物事が振興することで世の中に新しいことが起こり、社会は豊かになります。

「振興」という言葉を意識しながら世の中を見渡してみると、新しい視点に出会えるでしょう。

スポンサードリンク