知っておきたい!「進化」と「進歩」の違い

違いのギモン

よく似ている言葉に「進歩」と「進化」があります。どちらも良い方向へ向かうという似たような意味がありますが、その意味は同じではありません。

今回は、その違いについて解説していきます。

スポンサードリンク

結論:「進化」は変化すること、「進歩」は発展すること

「進化」は、様々なものを吸収しながらより良い形へと変化していくイメージです。

「進歩」は、物事がしだいにより良いほうや望ましいほうへ進んでいくイメージです。

「進化」をもっと詳しく

「進化」は、様々なものを吸収しながらより良い形へと変化していくというイメージです。

「進化」という言葉を辞書で調べてみると、「長い年月の間に、生物が次第に変化していくこと」とあります。

もともとは生物についてのみに使われていた言葉なのです。

 

また、「進歩して複雑高度になり、多様化すること。だんだんとすぐれた方向へと発展していくこと」という意味もあります。

最近では、機会や技術などあらゆるものに「進化」という言葉が使われていますね。

 

現代においては「進歩」という言葉の代わりに「進化」が使うことも普通となっていますが、元々の意味はそれぞれ違います。

英語で表すと、「進化」は “evolution” 、「進歩」は “progress” 、と分かれますが、日本語に翻訳するときに同じ「進」と言う漢字が含まれていることからも、意味が混合してしまったと考えられます。

 

しかし、もともと「進化」は生物学で使われる用語で「変化」の意味ですから、「進む」というような意味はありません。

「進化」とは「本質そのものが変わる」ことを指すのです。

スポンサードリンク

「進歩」をもっと詳しく

「進歩」とは、物事がしだいにより良いほうや望ましいほうへ進んでいくこと、という意味があります。

本来、「進歩」は「前に進む」という広い意味を持つ言葉でした。

 

しかし、現在においては、単に前に進むという意味合いだけではなく、より高い次元へと向かうことを指しています。

今いる地点から目標値を定め、そこに向かって前進していく、価値的に向上していく、というニュアンスです。

 

「進歩」は、質的に価値のあると思われる方向へと進む、という意味合いもあります。

主に人間の精神や文化、社会など人間界において使われることの多い言葉です。

とりわけ「科学の進歩」というように、科学の分野などでも使われることが多いです。

 

しかし、ただ進歩をしているだけでは成長が止まってしまうこともあります。その場合、より高みを目指すには「進化」することが必要となります。

進歩は、ある意味進化へのステップの一つであるとも言えます。

まとめ

以上、この記事では、「進化」と「進歩」の違いについて解説しました。

  • 進化:良い方向へ変化していくこと
  • 進歩:良い方向へ発展していくこと

「進化」と「進歩」にはそれぞれ違った意味があることがわかりました。

「進歩」することを目指すだけではなく、興味のあることや自分にとってプラスになることをどんどん取り入れ、「進化」していくことがとても大切だといえますね。

スポンサードリンク