「心外(しんがい)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「心外(しんがい)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「心外」の意味をスッキリ理解!

心外(しんがい):思いもよらないこと。予想外の結果に対して怒りや残念な気持ちを持つこと

「心外」の意味を詳しく

「心外」とは、「思いもよらないこと、予想外の結果に対して怒りや残念な気持ちを持つこと」という意味です。

訓読みで「こころのそと」と読めることから分かるように、自分が事前に思っていた範囲内になかった行動や結果のことを表現しています。予想外の結果の中でも、特に悪い結果に対して「心外」は用いられます

また、その悪い結果に対する腹立たしい気持ちや、がっかりして残念に思う気持ちも「心外」には含まれています。

スポンサードリンク

「心外」の使い方

「心外」の使い方の例として、以下のような文が挙げられます。

  1. 長年の友達が、私の話を信じてくれないのは心外でならない。
  2. 母は「まだ30代なのに、おばさんと呼ばれるなんて心外だわ」と言った。
  3. 今大会は、初戦敗退という心外な結果に終わってしまった。

上記の例文のように、「心外」は「心外である」や「心外な」というような形で使われるのが一般的です。

 

①の例文では、「長年の友であれば、私の言うことを信じてくれる」という「私」の予想が裏切られたことを「心外」で表しています。②の例文は、「30代の若さであれば、まだおばさんとは呼ばれない」という「母」の思いが裏切られたことに対して「心外」を用いています。

どちらも、ある人がもともと持っていた予想や前提がくつがえされ、そのことに対する「怒りの気持ち」を表現しているのです。

このように、他人に対して「心外だ」と言う場合は、裏切られたことに対する強い非難の意味を持つため、使い方には注意しましょう

 

対して、③の例文では、試合を勝ち抜けなかったことを「残念に思う気持ち」が強調されています。

「心外」の類義語

心外には以下のような類義語があります。

  • 意外:思っていた状態と違っていること
  • 不本意:自分の本当の望みと違っていること
  • 遺憾(いかん):期待したようにならず、残念であること

これら3つの熟語の意味は、「思っていたものと違う」という点で「心外」と共通していますが、それぞれ相違点も持っています。

 

「意外」は、「心外」と違って「良いか悪いか関係なく思っていたことと違う」という際に用いることができます。また、「意外」という言葉自体に特定の感情が結びついている訳でもありません。

「不本意」という熟語を使うと、「自分の望みと違う」という点が強調されます。例えば、「不本意喫煙」とは「他人が吸ったタバコの煙を吸い込んでしまうこと」です。「タバコを吸いたくない」という望みと異なる状態に置かれているさまを表しているのです。

その点から、「不本意」には「心外」と同じように「怒り」や「残念」といった気持ちがニュアンスに含まれているのです。

 

最後に、「遺憾」は、「残念」という気持ちが最も強調されている表現です。例えば「遺憾ながら」という言葉は、「残念ながら」に置き換えることができます。

用いられる対象や強調されるニュアンスの違いを理解して、これらの言葉を上手く使い分けましょう。

スポンサードリンク

「心外」の英語訳

心外を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • upset
    (~を動転させる)
  • regret
    (後悔する)

これらの英単語を使えば「心外」を英語で表現することができます。特に upset は「怒りの感情」を、regret は「残念な気持ち」を表すのに適しています

また、upset には「くつがえす」という意味もあります。ここから、「心外」のように「事前の予想をくつがえされたことに対して怒る」というニュアンスを持っています。

まとめ

以上、この記事では「心外」について解説しました。

読み方 心外(しんがい)
意味 思いもよらないこと。予想外の結果に対して怒りや残念な気持ちを持つこと
類義語 意外、不本意、遺憾
英語訳 upset(~を動転させる)、regret(後悔する)

「心外」は、裏切られたことへ強い怒りを表す表現です。もしも、他人に心外なことを言われても、落ち着いて「なぜ相手がそのような発言をしたのか」を考えられるような人になりたいものですね。

スポンサードリンク