「思慕(しぼ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「思慕(しぼ)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「思慕」の意味をスッキリ理解!

思慕(しぼ):恋しく思い、慕うこと

「思慕」の意味を詳しく

「思慕」は、恋しく思うこと、思い慕うことという意味です。

「思慕」は今ここにはない、なにか大切な人やものを愛おしむ気持ちです。

 

人のことを思う場合、誰かを深く愛する恋愛感情や、両親や兄弟に対する家族愛などが挙げられます。

ただし、「思慕」の表す愛にはかならず寂しさが伴います。恋愛感情において、お互いの思いが通じ合って幸せに暮らしている様子などは「思慕」とは言いません。

片思いであったり、両思いであっても遠距離恋愛でなかなか会えなかったり、身分違いの恋で障壁が大きい場面などでは、「思慕」と言えます。

家族愛であっても、今現在一緒に暮らしている家族ではなく、離れて暮らしている家族や、亡くなってしまった家族を思う気持ちを表します。

 

何かものを思い慕う場合には、代表例として懐かしい故郷への思いが挙げられます。

「思慕」の使い方

  1. この歌には遠く離れた故郷を思う思慕の念が込められている。
  2. 会えない時間が長いほど、彼女への思慕が募る一方だ。
  3. 何年経っても、亡き母への思慕が薄れることはなかった。

「思慕」は名詞なので、「思慕が」「思慕を」など副詞とともに使う場合もあれば、「思慕する」の形で動詞として使うこともあります。

名詞のまま用いる場合は、「思慕」が何かを思い慕う感情そのものを表していますが、「思慕する」の動詞の形の場合には、思い慕うという動作を表しています。

 

「思慕」を用いた代表的な表現を以下に紹介します。

感情そのものを意味する表現
  • 思慕の念
  • 思慕の情
思い慕う動作を意味する表現
  • 思慕を寄せる
  • 思慕する
  • 思慕を捧げる
  • 思慕が募る

②の例文で用いられている「思慕が募る」は、恋しく思う気持ちがますます激しくなることを意味します。「思慕してやまない」「思慕に堪えない」なども同じように、気持ちが高まる様子を表します。

反対に、恋しく思う気持ちがなくなっていく様子は、「思慕が消える」「思慕が薄れる」などと表現します。

「思慕が消えることはなかった」などのように表現すると、より強い思いを表現することができます。

「思慕」の語源

「思慕」を構成する漢字の意味は、それぞれ以下の通りです。

  • :相手のことをいとしく思うこと
  • :懐かしく思うこと、思いを寄せること、好意を向けること

「思う」「慕う」ともにいとしさや好意といった、愛情が込められた言葉です。

ここから「思慕」は恋しく思うことという意味になりました。

「思慕」の類義語

「思慕」には以下のような類義語があります。

  • 慕情:慕わしく思う気持ち
  • 恋慕:異性を恋い慕うこと
  • 傾慕:深く心を寄せて慕うこと
  • 想い焦がれる:たまらなく恋しく思うこと

「慕情」「恋慕」などは「思慕」の類義語ですが、特に恋愛感情に特化した思いに対して用います。したがって、「思慕」よりも狭義であると言えます。

「思慕」の英語訳

「思慕」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • longing
  • miss

「あなたに思慕の念を抱いている」「あなたのことが恋しい」という文章を英訳したい場合は、 “I’m longing for you.” , “I miss you.” などと表現します。

“I miss you.” の方が一般的に使われます。 “I’m longing for you.” は日常使いすると多少大げさになってしまう可能性があります。

まとめ

以上、この記事では「思慕」について解説しました。

読み方思慕(しぼ)
意味恋しく思い、慕うこと
語源「相手のことをいとしく思うこと」「懐かしく思うこと」という意味の漢字から
類義語慕情、恋慕、傾慕など
英語訳longing, miss

「思慕」は恋しく思う対象には、さまざまな使い方があり応用の利く熟語です。正しい意味と使い方を活用しましょう。