知って納得!「草刈り機」と「芝刈り機」の違い

違いのギモン

晴れた日に公園に行ってピクニックするのは楽しいですよね。特に、芝生の上でゴロゴロしながらゆっくりするのは最高です。こうやって気持ちよくゆっくりできるのも、芝生がしっかり手入れされているからですよね。

実は芝生や雑草の管理は「草刈り機」や「芝刈り機」を使っています。この2つの違いは一体何なのでしょうか。

そこで、この記事では、「草刈り機」と「芝刈り機」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:切った植物を整えるかどうかが違う

「草刈り機」は雑草を短く切ることを目的としています。

一方の「芝刈り機」は主に芝生を短く切った上で整えることを目的としています。

「草刈り機」をもっと詳しく

「草刈り機」は田舎の方に行けばよく見かけます。農家の人が雑草を刈るときに使うのが「草刈り機」です。「草刈り機」は一般的に背負って使うものであり、エンジン部分を背負って使用します。

そして刃になっている部分を地面に向けて、雑草の根本部分に当てます。

そうすることで、刃が雑草に当たり草を刈ってくれる仕組みになっているのです。草刈りの刃が高速で回っているので、使用するときは怪我が無いように注意しなければなりません。

また、直接触らなくても石が飛んでくることがあるので、ゴーグルは必須です。

スポンサードリンク

「芝刈り機」をもっと詳しく

では「芝刈り機」は一体どういった仕組みになっているのでしょうか。「芝刈り機」は草刈り機と違い、危険性は低いです。

なぜかというと、「芝刈り機」は台車のように押して使うタイプで、刃に触れて怪我をする可能性が低いからです。もちろん石も飛んでくる危険性が下がります。

芝生の上で「芝刈り機」をゆっくり押して歩くだけで、芝の長さを短く整えてくれます。分かりやすく例えるとバリカンのように短くしてくれるのです。

刈った芝は地面に置き去りになるので、片付ける必要があります。

まとめ

以上、この記事では、「草刈り機」と「芝刈り機」の違いについて解説しました。

  • 草刈り機:雑草を短く切ることが目的で、特に長さは整えない。
  • 芝刈り機:主に芝生に使われ、長さを短くしつつ見た目も綺麗に整える。
両者は同じく植物を切って短くするものですが、使い方が異なるのです。

背負って使うのが「草刈り機」で、雑草を切って短くすることが主な目的ですが、「芝刈り機」は芝生を短く切って整えることまで行います。だから人が立ち入る公園などの場所には「芝刈り機」がよく使われているのですね。

安全性という面から見れば、小さな子供にとっても扱いやすいのは押すだけの「芝刈り機」です。この違いが分かれば、お庭の手入れを行う機会があっても迷う必要はありませんね。

スポンサードリンク