何が違うの?「夕日」と「夕陽」の違い

違いのギモン

みなさんも一度は「夕日」を見たことがあると思います。周りの風景と合わさって、絶景になる場合もありますよね。

ところで、「夕日」と同じような言葉として「夕陽」がありますよね。みなさんは「夕陽」の読み方を知っていますか。

実はこれ、「ゆうひ」と読むんです。「ゆうよう」と呼んでしまった人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな「夕日」と「夕陽」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:意味に違いはない

「夕日」と「夕陽」に意味の違いはありません。

ただ、「夕日」が常用漢字表に載っている読み方であるのに対して、「夕陽」は常用漢字表には載っていない読み方です。

「夕日」をもっと詳しく

夕日は常用漢字表に載っている読み方です。

そのため、公文書、教科書、新聞などでも用いることができます。

そして、「日」という漢字は「太陽」という意味のほかに、「日にち」という意味もあります。

なので、1文字で太陽のことを表すことはあまりないかもしれません。

 

また、「夕日」は特に太陽のことを指す場合に使われることが多いという傾向があります。

そのため、沈む太陽そのものを指すというニュアンスが強いと言えるかもしれません。

スポンサードリンク

「夕陽」をもっと詳しく

夕陽は常用漢字表には載っていない読み方です。

そのため、公文書、教科書、新聞などで用いることはできません。ただ、日常生活では用いることができます。例えば、友人に手紙を書いたりする場合には「夕日」はもちろん「夕陽」も使うことができます。

そして、「陽」という漢字には、太陽という意味以外に馴染み深い意味はあまりありません。

そのため、太陽というイメージと結びつきやすいという特徴があるでしょう。

 

また、しずむ太陽そのものというよりは、しずむ太陽の光線や、赤く染まった空などの周りのものを指すというニュアンスが強いと言えるかもしれません。

ちなみに、「夕陽」の本来の読み方は「せきよう」です。そして、この読み方なら常用漢字にのっています。

まとめ

以上、この記事では、「夕日」と「夕陽」の違いについて解説しました。

  • 夕日:常用漢字表に載っている読み方
  • 夕陽:常用漢字表には載っていない読み方

よって、「夕日」と「夕陽」を使いわける必要はないと思います。

スポンサードリンク