「先見(せんけん)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「先見(せんけん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「先見」の意味をスッキリ理解!

先見(せんけん):将来起こることをあらかじめ見通すこと

「先見」の意味を詳しく

先見とは、未来に起こる変化を先に察知し、見通すことです。

「先」という字には、「未来のある時点」という意味があります。

また、「見」という字には「見る」という意味だけではなく、「考え」という意味もあります。

「先見」はこれらが組み合わさって、「未来のある時点を見る、考える」という意味になるのです。

「先見」の使い方

  1. その学者は、テクノロジーの発展で世界が大きく変わることを先見していたそうだ。
  2. 彼には先見の明があり、そのおかげで商品は大ヒットした。

上記の例文のように、「先見」は「先見する」「先見の明(せんけんのめい)」などといった形で使われます。

「先見」できたかどうかは、物事が実際に起こってみないとわかりません。そのため、「先見」は「先見の明があった」など、後になって過去のことを語る文脈で多く使われます。

「先見」の類義語

先見には以下のような類義語があります。

  • 洞察:本質を見抜くこと
  • 明察:事情などを正しく推察すること
  • 予見:未来のことをあらかじめ見通すこと
  • 予測:根拠にもとづいて将来のことを推し測ること
  • 予期:期待や覚悟を持って未来を悟ること
  • 予断:あらかじめしておく判断
  • 予知:将来の様子を前もって知ること
  • 予言:予知したことを言葉にすること

「先見」には多くの類義語があります。それぞれ少しずつニュアンスが違っているため、状況に応じて使い分けられるようにしましょう。

「洞察」「明察」には、「本質を見抜く」というニュアンスがあります。必ずしも将来に関係する物事である必要がなく、その点では「先見」と区別することができます。

 

「予」という字には「あらかじめ」「前もって」という意味があります。それぞれの類義語の意味を考えるときには、2文字目の「見」「測」「期」などに注目するとわかりやすいです。

たとえば、「予見」には「見」という字が使われており、「あらかじめ見通す」という意味になります。それに対して「予測」は、「測」という字が使われている通り「あらかじめ測る」という意味になります。つまり、「予測」は「予見」よりも、「数字などのデータにもとづいて、根拠のある未来図を予想する」というニュアンスが強くなります。

同様に、「予期」は「期待」などの感情がともなうときに使われます。また、「予断」はなにか「判断」をしなければならないときに使われます。

「予知」は根拠にもとづくものではなく、超感覚的にわかることを指します。「予知」の内容が言葉で周囲に伝えられたときには「予言」となります。

 

「先見」は「予測」のような根拠のある予想の要素と、「予知」のような超感覚的な要素の両方をあわせ持つ言葉です。どちらによりニュアンスが近いのか、という観点で使い分けるとよいでしょう。

「先見」の対義語

先見には以下のような対義語があります。

  • 後知恵(あとぢえ):物事がすべて終わってから出てくる知恵

「先見」が未来を見通す意味を持つのに対し、「後知恵」は物事が終わってしまってから、起こった原因などについてあれこれ言うことです。

人間の脳には、起こるまでは思い当たらなかったのにもかかわらず、起こった後にはその出来事が必然だったように感じてしまう効果があります。

「やっぱりそう言うと思った」などという発言は、実際には言われてから無意識にそう感じている場合が多いものですが、人間の脳は前々からそう感じていたかのように錯覚するのです。

「先見」はないのに「後知恵」が出てくるのは、そういった錯覚の作用が大きいです。

「先見」の英語訳

先見を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • foresight
    (先見の明)

foresightの接頭辞であるforeには、「前もって」という意味があります。また、sightには「眺め」「見ること」などの意味があります。

foresightは、これらの意味が合わさって、「前もって見ること」という意味になるのです。

まとめ

以上、この記事では「先見」について解説しました。

読み方先見(せんけん)
意味未来に起こる変化を先に察知し、見通すこと
類義語洞察、予見、予測など
対義語後知恵
英語訳foresight(先見の明)

先見がある人は、何事も成功しやすいものです。未来を見通すのはなかなか難しいことですが、「先見」を持って過ごしていきたいですね。