どっちが偉いの?「専務」と「常務」の違い

違いのギモン

会社にはさまざまな役職がありますが、それについて理解していないと痛い目を見ることもあります。

特に、どの役職が偉いかについては特に重要です。

なぜなら、高い役職についている人というのは自分がどのくらい偉いかについてすごく気にしているからです。

 

そして、会社の役職で特にわかりにくいのは「専務」と「常務」だと思います。

この2つの役職ではどちらが偉いのでしょうか。

また、他にはどのような違いがあるのでしょうか。

今回はそんな「専務」と「常務」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:仕事と偉さが違う

まず、「専務」は通常、社長を補佐して会社の全般的な管理業務を担当します。

一方、「常務」は通常、社長を補佐して会社の日常の業務を担当します。

つまり、「専務」と「常務」では役割が異なるのです。

また、一般的には「専務」のほうが「常務」より上の階級です。

序論:会社の役員のキホン

役員とは取締役のことで、序列は会長、社長、副社長、専務、常務、そのほかの取締役、になっている場合が多いです。

そして、これらの役職に法的な根拠や順位などはないので、基本は各会社が独自に決めています。

ちなみに、役員は従業員ではないので、従業員が役員になる場合には形式的に一回、会社を辞める必要があります。

また、役員には労働基準法に守られていないという特徴があります。

「専務」をもっと詳しく

専務は通常、社長を補佐して会社の全般的な管理業務を担当します。

そのため、どちらかというと経営や管理寄りの役職と言えるでしょう。

社長との間の話し合いの結果をそれ以下の社員に伝えるパイプ役も担っています。

そして、一般的には常務よりも上の階級です。

また、専務といえば一般的には専務取締役のことを指しています。

 

ちなみに、専務は場合によっては同じ会社に複数人いる場合もあります。

そして、複数人いる専務のなかでそれぞれに異なった役割があることもあります。

ちなみに、複数人いる時には役職の名前が微妙に異なっている場合があり、その場合の役職名としては「専務取締役」「専務執行役員」などがあげられます。

スポンサードリンク

「常務」をもっと詳しく

常務は通常、社長を補佐して会社の日常の業務を担当します。

そして、どちらかというと現場寄りの役員だと言えるでしょう。

また、一般的には常務取締役員のことを指しています。

そして、常務は一般的な会社の業務も行っているので、現場の様子や動向なども把握しています。

ですが、会社の経営方針の決定にも大きく関与しています。

 

ちなみに、常務も複数人任命されている場合があります。

なぜなら、常務の仕事の内容は範囲が広いからです。

そして、複数人いる常務の中で役割が細かく分担されていることも多いです。

 

ちなみに、社団法人には常務理事という役職がある場合があります。

常務理事は社団法人では専務理事の下にあるポジションです。

また、常務は必ず置かなければならないわけではないので、あえて置かれない場合もあります。

まとめ

以上、この記事では、「専務」と「常務」の違いについて解説しました。

  • 専務:通常、社長を補佐して会社の全般的な管理業務を担当
  • 常務:通常、社長を補佐して会社の日常の業務を担当

このように、「専務」と「常務」では「専務」のほうが偉いです。くれぐれも間違えないようにしましょう。

ただ、これは絶対ではなく会社により異なることがあるので、それについても注意が必要です。

スポンサードリンク