四字熟語「正当防衛(せいとうぼうえい)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「正当防衛(せいとうぼうえい)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「正当防衛」の意味をスッキリ理解!

正当防衛(せいとうぼうえい):自分が理不尽に攻撃されたとき、やむをえず身を守るために相手に攻撃を加えること

「正当防衛」の意味を詳しく

正当防衛は、自分の身を守るために本来は行なってはならない攻撃行為を、やむをえず相手に加えることです。日本では、刑法の36条で、「正当防衛による攻撃は処罰の対象にはない」と定められています。

しかし、「身を守る」ための攻撃行為が全て「正当防衛」になるとは限りません。正当防衛には以下の2つの条件が必要になります。

  • 警察などに助けを求めるには遅すぎるような緊急事態であること
  • 身を守るための攻撃が、必要最低限であること

つまり、たとえ身を守るためだとしても、警察官に助けを求めるほどの余裕があった場合や、あまりに過剰な攻撃を加えてしまうと、正当防衛としては認められない可能性があります。

正当防衛は、本来犯罪行為である攻撃や暴力を、やむを得ないものであったとして事実上許すものです。このため、正当防衛として認められるかという点は、慎重に判断されます。

スポンサードリンク

「正当防衛」の使い方

  1. 彼女は強盗に襲われたので、正当防衛として、相手をスタンガンで気絶させた。
  2. 裁判官は状況を判断し、彼女の暴力行為を正当防衛として無罪を言い渡した。

「正当防衛」の類義語

正当防衛には以下のような類義語があります。

  • 緊急防衛(きんきゅうぼうえい)
  • 正当防御(せいとうぼうえい)
これら2つの四字熟語は、正当防衛と意味は全く同じです。しかし、正当防衛が法律用語であるのに対し、緊急防衛や正当防御は法律用語ではないという違いがあります。

スポンサードリンク

「正当防衛」の対義語

正当防衛には以下のような対義語があります。

  • 過剰防衛(かじょうぼうえい):正当防衛のために行なった行為が、防衛の程度を超え過剰に攻撃を加えること

すでに解説したとおり、正当防衛が認められる条件は2つあります。1つ目は、「警察などに助けを求めるには遅すぎるような緊急事態であること」です。2つ目は、「身を守るための攻撃が、必要最低限であること」です。

これらの条件の範囲を超えて、自分の身を守るための攻撃を加えてしまうと、その攻撃は「過剰防衛」と判定されます。

同じ防衛ではありますが、正当防衛は処罰の対象にはならず、過剰防衛は処罰の対象になります。

そのため、過剰防衛は正当防衛の対義語と言えるのです。

「正当防衛」の英語訳

正当防衛を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • justifiable defense
    (正当化できる防衛)
  • legitimate defense
    (法律的に認められた防衛)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「正当防衛」について解説しました。

読み方 正当防衛(せいとうぼうえい)
意味 自分が理不尽に攻撃された時、やむをえず身を守るために相手に攻撃を加えること
類義語 緊急防衛、正当防衛など
対義語 過剰防衛など
英語訳 justifiable defense(正当化できる防衛), legitimate defense(法律的に認められた防衛)

正当防衛は、自分の身を守るために必要な手段とはいえ、他人への攻撃行為を法律で許してしまうというものですから、その適用条件が厳しいことは仕方ないでしょう。

しかし、本当に危険を感じた時は、まず第一に自分の身を守るためにできる限りのことをしましょう。

スポンサードリンク