何が違う?「精確」と「正確」の違いをわかりやすく解説

違いのギモン

「精確」と「正確」、どちらを使えばよいか迷った経験は誰にでもあることでしょう。そのとき、明確な考えを持って選択することはできましたか?

どちらも「正しい」「確か」という意味ですが、細かなニュアンスの違いがあります。

この二つの言葉の違いを明確に理解して、正しく使い分けられるようにしましょう。

この記事では、「精確」と「正確」の違いをわかりやすく解説します。

結論:「精確」は細かな部分まで狂いなく正しいこと、「正確」は間違いがなく正しいこと

「精確」は「細かな部分まで間違い・狂いがなくて正しいこと」を指します。一方、「正確」は「正しく確かなこと。事実と合っていて少しもまちがいのないこと」を指します。

「精確」をもっと詳しく


「精確」は「細かな部分まで間違い・狂いがなくて正しいこと」を指します。

「精確」と表現すると、「細かい部分」についての言及となります。たとえば、時計の構造を評価するときに、その細かさ、ち密さを「精確」と言い表します。

また、評価にグラデーションがあるときは「精確」の使用が適切です。言い換えると、合っているか間違っているかの二択ではなく、どの程度合っているかを問題としているときです。

たとえば、射撃の腕の上手さを説明するときは、「精確」を使います。

 

「精確」を「正確」と言い換えても間違えではありません。しかし、上記のニュアンスは失われます。

「精確」の使い方の例

実際にどのように「精確」が使われるのか、例を挙げて説明します。

  1. 流鏑馬(やぶさめ)は乗馬しながら的を射るため、精確に的の真ん中に当てることは困難である。
  2. パソコンを分解したことはあるかい? 精確な部品が詰まっていてワクワクするよ。
  3. 特に脳の外科手術では、医師のメス捌(さば)きの精確さが求められる。
①の「精確」は「細かな部分狂いがなくて正しいこと」を指します。どの程度的の中心に近いかを対象にしているため、「精確」を用いています。

②は「精確な部品」で「細かな部分まで間違い・狂いがない部品」を表します。「細かい」というニュアンスを表現しています。

③は「精確さ」で「細かな部分狂いがなくて正しいこと」を指します。メス捌きは評価にグラデーションがあるため、「精確」を用いています。

「正確」をもっと詳しく


「正確」は「正しく確かなこと。事実と合っていて少しもまちがいのないこと」を指します。

合っているか、間違っているかの二択で表せるものごとに対して使います。つまり、正しさの基準が明確な場合、確実に正解が存在する場合に用います。

「正確」の使い方の例

実際にどのように「正確」が使われるのか、例を挙げて説明します。

  1. 日本の鉄道は正確な時間に到着することで有名だ。
  2. 彼は突然振られた質問にもかかわらず、正確に回答したため周りを驚かせた。
  3. 医者はそのときどきで正確な判断を素早く下さなければならない。
①は「時間が正しく確かなこと」を表しています。時刻表の時間という明確な基準があるため使用できます。

②の「正確」は「事実と合っていて少しもまちがいのないこと」を指しています。明確な正解が用意されている場合に「正確」を使用できます。

③は「事実と合っていて少しもまちがいのないこと」を表しています。判断は合っているか間違っているかの二択であるため、「正確」を使用します。

まとめ

以上、この記事では、「精確」と「正確」の違いについて解説しました。

  • 精確:細かな部分まで間違い・狂いがなくて正しいこと
  • 正確:正しく確かなこと。事実と合っていて少しもまちがいのないこと
「精確」と「正確」は意味としては似ていますが、ニュアンスの差異がありました。ぜひ、使い分けてください!