故事成語「清濁併せ呑む」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「清濁併せ呑む(せいだくあわせのむ)」です。

「清濁併せ呑む」の意味、例文、類義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「清濁併せ呑む」の意味をスッキリ理解!

清濁併せ呑む(せいだくあわせのむ):善人でも悪人でも来る者はすべて受け入れる度量の大きさを表すたとえ

「清濁併せ呑む」の意味を詳しく

「清濁併せ呑む」とは、善人でも悪人でも来る者はすべて受け入れる度量の大きさを表すたとえです。

海がゆるやかに流れるきれいな清流も、激しく流れて濁っている濁流もわけへだてなく受け入れていることから、この言葉が生まれました。

ちなみに、「清濁」とは善と悪、善人と悪人などのたとえです。

そして、「併」は「合」、「呑」は「飲」と表記されることもありますが、「併せ呑む」という表記が最も一般的でしょう。

 

ちなみに、「善も悪もどちらもあわせ持つ人物」という意味で用いるのは誤りなので注意が必要です。

また、「清濁」を「清酒」と「濁酒」という意味で使うのも誤りです。

スポンサードリンク

「清濁併せ呑む」の例文

  1. 彼は清濁併せ呑む人間なので、社長まで上りつめることができた。
  2. 世の中をうまく生きていくためには、清濁併せ呑むことが必要だ。
  3. 理想は大切だが、実際には清濁併せ呑むようにしなければやっていけない。

「清濁併せ呑む」の類義語

「清濁併せ呑む」には以下のような類義語があります。

  • 来るもの拒まず
  • 寛容的
スポンサードリンク

「清濁併せ呑む」の英語訳

「清濁併せ呑む」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Take the rough with the smooth.
    (すべすべしたものと一緒にざらざらしたものも受け取れ)
  • You must take the fat with the lean.
    (赤身と一緒に脂身もとらなければならない)
  • to tolerate the good and evil elements
    (良いことも悪いことも容認しなけらばならない)
  • entertain all men in one’s heart
    (すべての人を受け入れる)

まとめ

以上、この記事では「清濁併せ呑む」について解説しました。

読み方清濁併せ呑む(せいだくあわせのむ)
意味善人でも悪人でも来る者はすべて受け入れる度量の大きさを表すたとえ
類義語来るもの拒まず、寛容的
英語訳Take the rough with the smooth

理想を語るのは美しいですが、現実には納得できないことを受け入れなけらばならないこともあります。

理想だけを語るのではなく、「清濁併せ呑む」姿勢で生きていくのが正しいのかもしれませんね。

スポンサードリンク