似ているからこそ違いを知りたい!「理学部」と「農学部」の違い

違いのギモン

世の中には、たくさんの商品・製品があり、それぞれに技術や知識、ノウハウが詰まっています。そして、それらを専門的に学ぶために、大学は様々な学部で構成されています。

そのうちの一つが、「理学部」と「農学部」です。両者は一見全く関係ないように見える人もいるかもしれませんが、実は密接に関係しています。

この記事では、「理学部」と「農学部」の違いについてご紹介します。

スポンサードリンク

結論:違いは、学ぶ分野

「理学部」は、あらゆる自然現象を調べ、論理的に証明する学部です。

「農学部」は、栽培に関わる技術と、農学と社会の関わりを学ぶ学部です。

「理学部」をもっと詳しく

「理学部」は、あらゆる自然現象を調べ、論理的に証明する学部です。

そもそも理科は、医学・農学・工学など、様々な分野で成り立っています。分かりやすく言うと、理学は、それらの「おおもと」を研究する学問と言えます。

「理学部」は、以下の5分野で成り立っています。

  • 数学
  • 化学
  • 物理
  • 地学
  • 生物
「理学部」では、上記の高校理科の延長のようなイメージの分野を、より高度な研究で解明します。

スポンサードリンク

「農学部」をもっと詳しく

「農学部」は、栽培に関わる技術と、社会との関わりを学ぶ学部です。

農学とは、農業だけでなく、林業・畜産業・水産業を含む言葉です。つまり、「農学部」とは、第一次産業全体を学ぶ場所なのです。製品をどのように市場に出すのか、など、農学と社会との関わりも学びます。

一口に「社会との関わり」と言っても、「農学部」が扱う分野は非常に広いので、以下にその一例を挙げます。

  • 食品の栄養
  • 微生物
  • 遺伝子工学
  • 土壌汚染
  • 環境問題
  • 栽培技術
  • 農家の経営方法
  • バイオテクノロジー
卒業後は、Uターンをして、実家の農家を継ぐ人もいます。そのほかに、食品系や化粧品系などのメーカーに進む人も多いです。

「理学部」生物学科と「農学部」の違い

「理学部」生物学科と「農学部」は、研究分野が非常に近いです。しかし、「理学部」は基礎的な考え方、「農学部」は技術化・製品化を見据えた応用的な考え方をします。

例えば、バイオテクノロジーという生命に関連する分野を、「理学部」生物学科の研究室と「農学部」の研究室の両方が研究対象としていると仮定します。

一口にバイオテクノロジーと言っても、原理や法則などの視点もあれば、工業化や製品化にどのように活かすか、という視点もあります。

この時、原理や法則を研究するのが「理学部」生物学科、工業化や製品化にどのように活かすかを研究するのが「農学部」です。

まとめ

以上、この記事では、「理学部」と「農学部」の違いについて解説しました。

  • 理学部:あらゆる自然現象を調べ、論理的に証明する学部
  • 農学部:栽培に関わる技術と、社会との関わりを学ぶ学部

「自分が将来どのような職種に就きたいのか」で、学部選びが変わります。大学の学部選びに悩んでいる人は、「行きたい研究室がどのような観点で研究をしているか」を見るのも、学校選びの一つのポイントです。

スポンサードリンク