これってどう違うの?「マフラー」と「ストール」の違い

違いのギモン

最近は寒い日もあれば、比較的暖かい日もあり、どのくらい寒さ対策をしたら良いか迷いますよね。

ところで、私たちが身につけるものとして、「マフラー」や「ストール」といったものがありますが、この違いは何でしょうか。

この記事では、「マフラー」と「ストール」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:違いは「用途」

「マフラー」と「ストール」の違いは、用途です。

マフラーは、首に巻いて防寒具として使いますが、ストールは、もともとは肩にかけるもので、オシャレとして使います。

マフラー

マフラーは、首に巻いて寒さ対策として使い、形は長方形で、長さが160cmより長いものを「ロングマフラー」と呼び、それより短いものを「ショートマフラー」と呼びます。

マフラーの生地は、ウールやアンゴラ、カシミヤなどの厚い生地で作られていて、色やデザインはストールに比べて、シンプルなものが多いです。

スポンサードリンク

ストール

ストールは、もともとは肩にかけて使うものですが、現在は首に巻くものも多く売られていて、形や長さはいくつか種類がありますが、マフラーよりも大きいです。

ストールに使われる生地は、コットンやシルク、リネンなど柔らかくて薄い生地が使われることが多く、デザインも豊富なことから、春や秋にコーディネートのアクセントとして身につけることが多いです。

とはいっても、厚手の生地のストールを選ぶことで、冬でも身につけることができます。

以前は、ストールは女性用のものが多かったですが、最近では男性用のストールも多く売られています。

まとめ

以上、この記事では、「マフラー」と「ストール」の違いについて解説しました。

ポイントをまとめると、

  • マフラー:首に巻いて寒さ対策として使う
  • ストール:本来は肩にかけるものでオシャレとして使う

ちなみに、最近「スヌード」というものもありますが、これは厚手の生地でできていて、輪の形になっているので、被って使います。

マフラーやストールも女性向けの巻き方や、男性向けの巻き方があるので、試してみてはいかがでしょうか。

自分の好きな色やデザインのものを見つけて、オシャレを楽しみたいですね。

スポンサードリンク