「させていただきます」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、敬語の「させていただきます」です。

「させていただきます」の意味・使い方・誤用・言い換え表現・英語訳についてわかりやすく解説します。

「させていただきます」とは?

させていただきます:【謙譲語】「させてもらう」の丁寧な表現

「させていただきます」の意味を詳しく


「させていただきます」は、「させてもらう」の謙譲表現です。自分の立場をへりくだって「させてもらう」ことを意味します。

また「させていただく」を「させて頂く」と表記するのは誤りです。「いただく」と「頂く」には以下のような違いがあります。

  • いただく:「何かを〜してもらう」という補助動詞
  • 頂く:「食べる」「飲む」「もらう」の謙譲語
「させていただく」は、「させてもらう」と「何かを~してもらう」という意味の「いただく」が組み合わさった言葉です。そのため、「させていただく」とひらがなで表記するのが正解です。

補助動詞とは
「補助動詞」とは、本来の動詞としての意味が失われている、もしくはほとんど失っている動詞」のことです。

一方で、本来の意味をそのまま持っている動詞は「本動詞」と言います。

 

「させていただく」を使用する条件

「させていただく」を使用するには、次の2つの条件を満たす必要があります。

  1. 相手の許可を受けて行う場合
  2. 恩恵を受けている事実や気持ちがある場合
1つ目は、「相手の許可をもらってから行動に移すこと」です。たとえば、休暇の取得を許可してもらう場合に、「休暇を取らせていただく」などと使います。

2つ目は、「恩恵を受けているという事実や気持ちがあること」です。たとえば、相手から提案を検討する時間もらった場合に、「検討させていただきます」と使用することができます。

「させていただく」の使い方

  1. 大変恐縮ではございますが、ありがたく頂戴させていただきます。
  2. 来週の月曜日は、息子の誕生日のため休暇を取らせていただきます。
①は、相手への感謝を伝える意味で「させていただきます」が使われています。ビジネスシーンでよく使われる言い回しであるため、例文をそのまま暗記しておきましょう。

②は、相手からの許可を受けての「させていただきます」の使用例です。「休暇をとらせていただきます」は頻繁に使用するため、覚えておきましょう。

「させていただきます」の間違った使い方

「させていただきます」には以下のような間違った使い方もあります。

  1. 相手からの許可を必要としない場合
  2. 相手からの許可を得ていない場合
  3. 二重敬語

それぞれの誤用について詳しく見ていきましょう。

誤用①:相手からの許可を必要としない場合

相手からの許可を得るような事柄ではない場合に、「させていただきます」を使うのは誤用です。

誤用例
私のシフトを変更させていただきます。

例文のように「(自分の)シフトを変更させていただきます」は「シフトを変更いたします」と表現するのが適切です。

誤用②:相手からの許可を得ていない場合

相手からの許可を得ていない場合に、「させていただきます」を使うのは誤用です。

誤用例
来週の火曜日には休みをとらさせていただきます。

例文のように許可を得たい場合には、「来週の火曜日には休みをいただいくことは可能でしょうか」という言い回しが適切です。

誤用③:二重敬語

例文のように、「お伺いさせていただきます」は一見正しい敬語のように見えますが、これは誤用です。

誤用例
明朝、ご自宅までお伺いさせていただきます。
「伺う」は「尋ねる」「行く」の謙譲語であり、「させていただきます」は「させていただく」の謙譲語であるため、二重敬語になります。「お伺いします」と表現するのが適切です。

「させていただきます」の敬語の言い換え表現

「させていただきます」を敬語で言い換えたい場合には、以下のような言葉を使うことができます。

  • いたします

言い換え表現の意味について詳しく見ていきましょう。

「いたします」

「いたします」は「する」の謙譲語です。「いたします」「させていただきます」は、「~をする」という意味は共通していますが、「いたします」に許可は必要ありません。

また、「いたします」を「致します」と表記するのは誤用です。「いたします」は補助動詞であり、「致します」は「致す」という本動詞を丁寧に表現したものです。

たとえば、「お願い致します」という誤用がよく見られますが、「お願いいたします」と表記するのが適切です。

例文
  1. 後ほど添付された資料を確認いたします。
  2. それでは、館内をご案内いたします。

「させていただきます」の英語訳

「させていただきます」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • allow me to
    (〜させてください)
  • let me
    (私に〜させて、〜してあげよう)
  • I am happy to
    (喜んで〜させていただきます)
「させていただきます」の英語表現として、 “allow me to” を使用するのが最も一般的です。一方で、 “let me” は相手と親しい間柄の場合に使用されることがほとんどです。

また、 “I am happy to” は「させていただきます」に対して「喜んで〜する」というニュアンスが含まれた表現です

「させていただきます」のまとめ

以上、この記事では「させていただきます」について解説しました。

読み方させていただきます
意味「させてもらう」の丁寧な表現
使い方「相手からの許可」「相手への感謝気持ち」がある場合
誤用「二重敬語」など
言い換え表現いたします
英語訳 “allow me to” (〜させてください)

「させていただきます」は日常会話だけでなくビジネスシーンでもよく使用する言葉です。「させて頂きます」のような誤った表記が目立つため、意味や使い方をしっかり確認しておきましょう。

ABOUT US

アバター
ソイル・ショップ
活字中毒の男子大学生。 本・雑誌から食品の成分表までつい読んでしまいます。 取り込んだ知識を活かして、敬語や熟語を中心に執筆しています。