おしゃれは足元から!「サンダル」「ミュール」「パンプス」の違い

違いのギモン

靴は、全身のコーディネートを引き締める重要なアイテムですね。

あなたは「サンダル」「ミュール」「パンプス」の違いを説明することができますか。三者は違うものだと分かっていても、それぞれの相違点を正確に説明するのはなかなか難しいのではないでしょうか。

そこで、この記事では、「サンダル」「ミュール」「パンプス」の相違点や使い分けについて解説します。

スポンサードリンク

結論:足を靴に固定する箇所がそれぞれ異なる

「サンダル」「ミュール」「パンプス」の違いは以下の通りです。

  • サンダル足を靴の底に簡易的に固定している靴。かかとも固定されている場合が多い。
  • ミュールつま先部分だけ覆われていて、かかとは固定していない靴。
  • パンプスつま先・かかと・足の側面が覆われているが、足の甲(こう)は覆われていない靴。

「サンダル」をもっと詳しく


「サンダル」の語源はギリシャ語の “Sandalion” です。ギリシャやローマなどで、熱い砂から足の裏を保護するための靴として登場しました。

このような経緯で生まれた「サンダル」は、底の部分を紐やバンドなどで固定しただけの靴です。足全体が覆われていないため、通気性が良いという特徴があります。

かかとに留め具があるものが多いものの、ビーチサンダルのようにかかとを固定しないものもあります。

また、ヒールの高さも様々です。かかとの高い「サンダル」もあれば、ヒールのない「サンダル」もあります。

「サンダル」の使用例

すでに述べたように、「サンダル」は、砂の熱から裸足の足裏を守るために生まれました。現在でも、通気性の良い「サンダル」は、暑い日に履くのに適した靴として親しまれています。

なお、サンダルはラフな履物とされているため、カジュアルな場面で使われます。フォーマルな場面での使用は不適切ですから、気を付けましょう。

スポンサードリンク

「ミュール」をもっと詳しく


「ミュール」はフランス語です。

もともと、フランスの室内履きとして使われていました。また、靴が汚れないように、靴の上から履くものとしても使用されていました。

ミュールの特徴は、かかとが固定されていないこと・つま先部分が覆われていていること・ヒールがあることの3点です。ただし、つま先部分は完全に覆われず、先端が少しだけ露出しているミュールもあります。

 

「ミュール」は「サンダル」の一種として分類されることもあります。

「サンダル」は、底の部分に足を簡易的に固定した靴のことを指しましたね。「サンダル」のなかでも、つま先が覆われていて、かかとが固定されていないものが「ミュール」であると考えることができるのです。

このため、「ミュール」は「バックレスサンダル(かかとが固定されていないサンダル)」とも呼ばれます。

また、「ヘップサンダル」という別名もあります。なぜなら、女優のオードリー・ヘップバーンが映画『ローマの休日』のなかでミュールを履いていたからです。

「ミュール」の使用例

すでに解説したとおり、「ミュール」は「サンダル」の一種としても分類されます。このため、「ミュール」も「サンダル」と同じく、暑い日やカジュアルな場に出かける日に履くものとされています。

「ミュール」が「サンダル」と少し異なるのは、秋や冬にも履く場合があるという点です。

なぜなら、「ミュール」には、ファーの飾りがついている商品も多くあるからです。ファーは秋や冬のイメージに合っていますから、寒い季節にも使うことができますね。

また、靴下の上からミュールを履くという方法もあります。足の皮膚に直接冷たい風が当たるのを防ぎながら、秋・冬のおしゃれを楽しむこともできるのです。

「パンプス」をもっと詳しく


「パンプス」は、かかとやつま先、足の側面が生地で覆わていて、足の甲(こう)の部分は生地で覆われていないという特徴をもつ靴です。

「パンプス」は中世ヨーロッパで登場しました。舞踏会で踊る女性の脚をきれいに見せるための靴として誕生したのです。

ヒールをつけることで、舞踏会で着用するドレスの裾を踏まないようにするという目的もありました。

なお、「パンプス」のヒールの高さは6cm 未満です。パンプスと同じ構造をしていても、ヒールの高さが6cm 以上であれば「ハイヒール」と呼ばれます。

特殊なパンプス

「パンプス」は、かかとやつま先部分が覆われているものであると解説しました。しかし、以下2つの例外があるのです。

オープントウパンプス

つま先が露出している「パンプス」のことです。

しかし、「サンダル」もつま先が出ていますね。それでは、「サンダル」と「オープントウパンプス」はどのように違うのでしょうか。

「サンダル」は、 “通気性を良くするため” という機能性の観点から、つま先の大部分が露出しています。一方「オープントウパンプス」は、デザイン性の観点から、つま先が少しだけ出ているのです。

つまり、「サンダル」と「オープントウパンプス」は、つま先を露出する理由と、つま先が出ている面積の2点が異なります。したがって、両者は別の靴として分類することができます。

オープンバックパンプス

かかとが覆われていない「パンプス」のことです。

「ミュール」も、かかとが覆われていない靴ですね。このため、「ミュール」と「オープンバックパンプス」は似ているように感じられます。

しかし、「ミュール」はかかとを全く固定していないのに対して、「オープンバックパンプス」はくるぶしにベルトを通すことでかかとを靴に固定させているという違いがあります。したがって、両者は異なる靴であるといえます。

「パンプス」の使用例

すでに解説した「サンダル」や「ミュール」は、皮膚を露出している部分が多い靴です。このため、暑い日には重宝しますが、冬に履くと寒さを感じてしまいますね。

一方「パンプス」は、基本的にはつま先やかかと、足の側面を全て覆う靴です。ですから、寒い季節でも履きやすく、1年中使うことができるのです。

また、舞踏会で使用されていたという歴史をもつ「パンプス」は、現在でもフォーマルな場面で使われます。ビジネスシーンや結婚式、就職活動など、あらたまった場面ではパンプスを履くのが一般的です。

ただし、カジュアルなファッションにパンプスを合わせて、メリハリのあるコーディネートにするというテクニックもあります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「サンダル」「ミュール」「パンプス」の違いについて解説しました。あらためて、三者の相違点をおさらいしましょう。

  • サンダル:足を靴の底に簡易的に固定している靴。かかとも固定されている場合が多い。
  • ミュール:つま先部分だけ覆われていて、かかとは固定していない靴。
  • パンプス:つま先・かかと・足の側面が覆われているが、足の甲は覆われていない靴。
「サンダル」「ミュール」「パンプス」は、デザインだけでなく、使用に適する場面も違うのですね。

自身の好みとTPOの両方を考慮して、足元のおしゃれを楽しみましょう。

スポンサードリンク