営業が楽しくない?原因から向いてない人の特徴まで解説

就職・転職
Aさん
営業が楽しくない…

このように考えていませんか?

営業職はあらゆる職種の中でも多くの人が経験するものですが、その中には当然楽しくないと思いながら業務をこなしている人もいるものです。

しかし、楽しくないものの、新たな一歩を踏み出せていない方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では営業が楽しくない原因から対処法まで詳しく解説しています。

営業が楽しくない時の9つの原因

営業が楽しくない時の原因は主に以下の9つです。

それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

原因①:断られることが多い

営業が楽しくない最大の原因は、おそらく断られることが多いからではないでしょうか。

私たちも営業からの電話がかかってくるとつれない対応をする場合が多いですが、営業の業務では相手から断れてしまうことがほとんどです。

多くの人から否定されたように感じるため、営業職を辛いと感じたり、楽しくないと感じたりする方も多いのではないでしょうか。

特に電話営業や飛び込み営業は断れる機会が多い業務です。

原因②:ルーティーンワークが多い

営業が楽しくない時の原因としては、ルーティーンワークが多いことも挙げられます。

営業は実はルーティーンワークの多い職種です。

営業では顧客と商談したり、資料を作成したり、毎日のように行う業務が多くあります。

そのため、慣れてくると新たな刺激がなく、楽しくないと感じる方も多いのです。

原因③:仕事が評価されない

営業が楽しくない時の原因としては、仕事が評価されないことも挙げられます。

営業は数字ではっきり成果が表れるため、数字を挙げている人は常に評価されますが、その影にはたくさんの評価されない人がいます。

営業は特に実力主義的傾向が強く、過程よりも結果が重視されるため、仕事が評価されないと悩んでしまう人も多いようです。

成果を挙げれてないと社内で評価されないのはもちろんですが、顧客からも感謝される機会が少なく、楽しくないと感じるのです。

原因④:社内の人間関係が悪い

営業が楽しくない時の原因としては、社内の人間関係が悪いことも挙げられます。

これは営業職に限りませんが、社内の人間関係が悪いと仕事を楽しくないと感じるのも無理はありません。

特に関係性が近い人との人間関係が悪いとコミュニケーションを交わす楽しみもなく、楽しくないと感じてしまいます。

原因⑤:残業時間が長い

営業が楽しくない時の原因としては、残業時間が長いことも挙げられます。

残業時間が長いということは、ひとりあたりの仕事量が多く、仕事がなかなか終わらないということです。

残業時間が長いとリフレッシュする自由時間がなくなってしまいますし、仕事が終わらないことがストレスになってしまい、楽しくないと感じてしまいます。

原因⑥:上司との相性が良くない

営業が楽しくない時の原因としては、上司との相性が良くないことも挙げられます。

社内の人間関係の中でも特に重要なのが上司との関係です。

上司との相性が悪いと自分の仕事が十分に評価されていないと感じたり、上司への不満が溜まったりして仕事が楽しくないと感じてしまいます。

原因⑦:営業に向いてない

営業が楽しくない時の原因としては、営業に向いてないことも挙げられます。

人は、自分が向いていることは自然に好きになりますが、向いていないことは嫌いになることが多いものです。

向いてないことでは努力しても周りより成長スピードが遅くなってしまい、周りからの評価を受けづらいからです。

営業に向いてない人の特徴は下で詳しく解説していますが、見分けるのは難しいことではありません。

周りより営業成績が悪い場合には、営業に向いていないことが多いからです。

原因⑧:営業ノルマがきつい

営業が楽しくない時の原因としては、営業ノルマがきついことも挙げられます。

営業にノルマはつきものですが、達成できないと精神的に追い詰められてしまい、仕事が楽しくないと感じてしまいますよね。

営業ノルマを達成できないことにより、上司から詰められてしまうのも営業の仕事を楽しく感じられない原因と言えるでしょう。

原因⑨:自社の商品を好きになれない

営業が楽しくない時の原因としては、自社の商品を好きになれないことも挙げられます。

営業は基本的に商品やサービスを売る仕事ですが、自分が好きになれない商品を売るのは苦痛です。

お客様に嘘をついているような気分になってしまうからです。

営業として楽しく仕事するためには、自社製品への思い入れも大事と言えるでしょう。

営業に向いてない人の3つの特徴

営業に向いてない人の特徴は主に以下の3つです。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

特徴①:コミュニケーション力が低い

営業に向いてない人の特徴としてまず挙げられるのは、コミュニケーション力が低いことです。

営業は相手とコミュニケーションを取りながら商談を成立させていきます。

そのスキルが低いと売れるものも売れませんし、仕事を楽しくないと感じてしまうでしょう。

特徴②:提案力が低い

営業に向いてない人の特徴としては、提案力が低いことも挙げられます。

仕事は見込み客に提案を行って提案を取り入れてもらう仕事をする場合が多いです。

提案力が低く、相手に適した提案をできないと商談を成立させることができず、営業の仕事がうまくいきません。

特徴③:プライドが高い

営業に向いてない人の特徴としては、プライドが高いことも挙げられます。

営業はお客様に商品やサービスを購入してもらうため、下手に出ることも多い職種です。

プライドが高いとお客様をうまく立てられず、お客様に気に入ってもらいにくくなります。

また、プライドが高いと他の人のやり方を学習することができず、成長できないというデメリットもあります。

営業が楽しくない時の4つの対処法

営業が楽しくない時の対処法は主に以下の4つです。

それぞれの対処法について詳しく見ていきましょう。

対処法①:営業スタイルを変える

営業が楽しくない時の対処法としてまず挙げられるのは、営業スタイルを変えることです。

特に成果が出ていない場合には、営業スタイルを変えて成果を出せるようになると仕事を楽しく感じられるはずです。

同僚や上司に営業のコツを教えてもらい、それを自分の営業に取り入れることで成果を改善できるかもしれません。

対処法②:上司に相談する

営業が楽しくない時の対処法としては、上司に相談することも挙げられます。

上司はあなたより経験豊富な場合が多いですので、役に立つアドバイスを返してくれることも多いでしょう。

部署異動の可能性も含めて、あなたの悩みに真剣に向き合ってくれるはずです。

対処法③:部署異動する

営業が楽しくない時の対処法としては、部署異動することも挙げられます。

特に営業に適性がなかったり、今売っている商品を好きになれなかったりする場合、部署異動することで問題が大幅に改善に向かう可能性があります。

部署異動したいと考えた時には、最初に上司に相談すると良いでしょう。

対処法④:転職する

営業が楽しくない時には、思い切って転職するのもひとつの手です。

会社によって文化は異なりますし、評価制度や売る商材も変わりますから、問題が解決に向かうかもしれません。

また、まだ20代であれば、営業に適性がない場合も他の職種に転職できる可能性が十分残されています。

営業の楽しさ・やりがいとは?

営業の楽しさややりがいには、主に以下のようなものがあります。

それぞれのについて詳しく見ていきましょう。

仕事の成果を数字で確認しやすい

営業の楽しさ・やりがいとしてまず挙げられるのは、仕事の成果を数字で確認しやすいことです。

営業は受注数や成約数など仕事の成果がはっきり表れる仕事です。

そのため、数字を上げられる人にとってはモチベーションが上がりやすい職種でしょう。

また、インセンティブとして成果に応じて給料が支払われる場合も多いため、頑張ればそれだけ報われる場合も多いです。

顧客との距離が近い

営業の楽しさ・やりがいとしては、顧客との距離が近いことも挙げられます。

営業は顧客と直接話す機会が多い職種です。

そのため、提案した商品やサービスを取り入れた顧客が喜ぶ顔を一番近くで見れます。

これが仕事のやりがいになっている営業マンも多いです。

顧客の獲得

営業の楽しさ・やりがいとしては、顧客の獲得も挙げられます。

商談が成約し、顧客を獲得できた時にやりがいを感じる営業マンも多いようです。

顧客を獲得できると数字にも反映され、わかりやすい成果だからです。

営業からの転職を成功させる2つのコツ

営業からの転職を成功させるコツは主に以下の2つです。

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:好きな仕事・得意な仕事を見つける

営業からの転職を成功させるコツとしてまず挙げられるのは、好きな仕事・得意な仕事を見つけることです。

好きな仕事や得意な仕事であれば夢中でできるため、嫌々やっている場合と比べて成果が出やすくなります。

成果が出ると周りも仕事を認めてくれやすいため、それがますますモチベーションにつながるのです。

仕事経験が少ないと自分に向いている仕事を見つけにくいかもしれませんが、趣味も含めて何が好きで得意か考えることで、自分に最適な仕事を見つけやすくなるでしょう。

コツ②:転職エージェントに相談する

営業からの転職を成功させるコツとしては、転職エージェントに相談することも挙げられます。

転職エージェントはあなたに適した求人を紹介してくれるだけでなく、あなたのキャリアの相談にも応じてくれます。

あなたに何が向いているのか、どのような企業に合っているのか客観的な目線で判断してくれるでしょう。

おすすめ転職エージェント5選

おすすめ転職エージェントは主に以下の5つです。

それぞれの転職エージェントについて詳しく見ていきましょう。

doda


出典:doda

dodaは万人におすすめの転職エージェントです。

とにかく求人数が多く、豊富な選択肢の中からあなたに適した会社を選んでくれます。

おすすめの求人を紹介してもらえるだけでなく、自分で求人を検索できる点も魅力的です。

JACリクルートメント

[出典:JACリクルートメント]

JACリクルートメントはハイキャリア向けの転職エージェントです。

年収600万円以上を目指したい方に特におすすめで、好条件の求人が数多く揃っています。

ヘッドハンターの質も高く、あなたに最適な仕事を提案してもらえます。

ハタラクティブ

[出典:ハタラクティブ]

ハタラクティブは自分のキャリアに自信がない方におすすめの転職エージェントです。

丁寧なサポートで正社員を目指すことができます。

書類選考がなく、面接から選考が始まる点も魅力的ですね。

DYM就職


出典:DYM就職

DYM就職は面接サポートの圧倒的な手厚さが魅力的な転職エージェントです。

他の転職エージェントと比べてはるかに長時間かけて面接対策を行ってくれるため、自信をもって転職活動を進めることが可能です。

正社員求人のみを扱っていて、大手企業の求人を数多く保有している点も魅力的ですね。

レバテックキャリア

出典:レバテック

レバテックキャリアはIT業界志望の方に特におすすめしたい転職エージェントです。

IT業界特化型の中では求人数がトップクラスで、キャリアコンサルタントの知識も豊富です。

サポートが手厚く、実務経験があるエンジニアには特におすすめできます。

営業が楽しくない時のまとめ

営業が楽しくない時の原因は以下のとおりです。

営業に向いてない人の特徴としては以下のようなものが挙げられます。
営業が楽しくない時の対処法としては以下のようなものが挙げられます。
営業の楽しさ・やりがいとしては以下のようなものが挙げられます。
営業からの転職を成功させるコツは以下のとおりです。
おすすめ転職エージェントは以下のとおりです。

ABOUT US

和佐 崇史
和佐 崇史
文章を書くこと、読むことが大好きな大学生です。中学2年生で漢検2級を取得するなど、言葉については詳しい自信があります。Webライターとしてはこれまで累計1,000記事以上を執筆してきました。