「猜疑(さいぎ)」とは?意味や使い方を徹底解説|「懐疑」との違い

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「猜疑(さいぎ)」です。

「猜疑心(さいぎしん)」の形で目にすることが多いでしょう。「猜」という字を多く見かけないこともあり、意味がわかりにくいと感じる方は多いのではないでしょうか。また、字面が似ている「懐疑」との違いはご存知でしょうか。

以下では、「猜疑」の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「猜疑」の意味をスッキリ理解!

猜疑(さいぎ):他人の言動をまっすぐ受け止めず、裏で悪いことを考えているのではないかと疑うこと

「猜疑」の意味を詳しく

「猜疑」とは、相手の言動を素直に受け入れず、自分に不利なことを企んでいるのではないかと勘ぐることを指します。「猜」は、「疑」と同じく、「うたがう」と訓読する漢字です。

「猜疑」は、多くは「猜疑心」という形で用いられます。相手の行為に裏があるのではないかと疑う気持ちのことです。

「猜疑」を用いる場合は、何か根拠があって疑うというよりは、自ら積極的に相手を疑いにかかってしまうというニュアンスが含まれています。

四字熟語「猜疑嫉妬(さいぎしっと)」

「猜疑」を用いた四字熟語に「猜疑嫉妬」があります。相手を疑い、ねたむことを意味します。

「猜疑」は相手の言動の裏を読んでしまうことであり、「嫉妬」は自分より優れた人を憎んでしまうことを指します。素直に物事を受け止めないという点で、以上の2語は共通しています。

似ているけど違う!「猜疑」と「懐疑(かいぎ)」の違い

「猜疑」と字面が似ている言葉に「懐疑」がありますが、両者の意味は異なります。

既述したように、「猜疑」は半ば強引に相手を疑うことを指します。一方、「懐疑」は、自分が納得できるだけの十分な根拠がないため、全面的に受け入れられないことを意味します。「懐疑」の方が、理性に基づいていると言えます。

よからぬことが起きる可能性に積極的にフォーカスしてしまっているのか、それとも明確な根拠が不足していて信じるに足りないのかのどちらを表現するかを踏まえて、「猜疑」と「懐疑」を使い分けましょう。

スポンサードリンク

「猜疑」の使い方

  1. 約束を守ると言う私に彼女が猜疑の目を向けたのは、旧友に裏切られた過去があったからのようだ。
  2. 実戦形式の練習が少なく、選手たちは監督に猜疑心を募らせていた。
  3. 嘘つきの代名詞だった彼は、どんなに誠意をもって物事に取り組んでも、周りから猜疑された。

上記の例文に共通して描かれているのは、積極的に疑う根拠はないものの、過去の事例等から、どうしても裏があるのではないかと感じてしまう心理です。

①では、私の約束自体を正面から疑う根拠はないものの、彼女が旧友に裏切られたという過去が、私への疑いの気持ちをぬぐいきれなくしている様子が描かれています。「猜疑の目」という表現はよく使われるため、押さえておきましょう。

②では、実戦形式の練習が少ないことから、「これで試合に勝てるのだろうか」という不信感を監督に対して抱く選手たちの様子が表現されています。

③では、今は誠意を持っているものの、嘘を繰り返していた彼の過去が、周囲からの信頼を失わせてしまっている様子が描かれています。

「猜疑」の類義語

「猜疑」には以下のような類義語があります。

  • 懐疑:十分な根拠がないために、疑うこと
  • 狐疑(こぎ):(明確な根拠はないが)よからぬことが起きる可能性を疑うこと

「狐疑」の「狐」は動物の「きつね」を意味します。狐が疑い深い性質を持つ動物であることから、なかなか信用しない様子を「狐疑」と言います。

「狐疑逡巡(こぎしゅんじゅん)」という四字熟語もよく使われ、疑いの気持ちから決心がつかないことを意味します。「逡巡」は、決心をためらうことを指す言葉です。

スポンサードリンク

「猜疑」の対義語

「猜疑」には以下のような対義語があります。

  • 信憑(しんぴょう):信じて、頼りにすること

「信憑」は、信じるに足ると判断して、よりどころとすることを指します。「信憑性」という言葉もよく使われます。「信憑性」とは、物事を信用できる度合いのことです。

「猜疑」の英語訳

「猜疑」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • suspicion
    (猜疑心)
  • suspicious
    (猜疑的な)

以上の2語を用いた例文は以下の通りです。

例文
  • She was looking on him with the eye of suspicion when he was saying that he would definitely keep that promise.
    (絶対にその約束を守ると彼が言った時に、彼女は猜疑の目を向けていた。)
  • At that time I was so suspicious that I couldn’t believe all my friends at all.
    (その時私は、友人という友人の言うことをまったく信じられないくらいに猜疑的になっていた。)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「猜疑」について解説しました。

読み方猜疑(さいぎ)
意味他人の言動をまっすぐ受け止めず、裏で悪いことを考えている可能性を疑うこと
類義語懐疑、狐疑
対義語信憑
英語訳suspicion(猜疑心), suspicious(猜疑的な)

「猜疑」は、どうしても相手の言動に裏があるのではないかと疑ってしまう心理を表す言葉です。「懐疑」との違いも押さえてみてください。

スポンサードリンク