「さぎょいぷ」の意味、必要なものや募集の仕方などを徹底解説!

言葉

「さぎょいぷ」とは「作業をしながら通話をすること」という意味です。

スカイプというオンライン通話ツールが一般的だった時期に生まれた言葉ですが、今では「さぎょいぷ」にさまざまなオンライン通話ツールが使われています。

 

Twitterなどで「さぎょいぷ募集します」という文言を見かけ、意味が気になっていた、という人もいるのではないでしょうか。

特にオンライン通話ツールの主流がスカイプであった頃を知らない人にとっては、意味が予想しづらいですよね。

この記事では、「さぎょいぷ」の意味や使い方、また「さぎょいぷ」に必要なもの、「さぎょいぷ」の相手募集の仕方なども解説します。

「さぎょいぷ」の意味

さぎょいぷ

作業をしながら通話をすること

例:さぎょいぷしないと原稿が進まない……

「さぎょいぷ」とは、作業をしながら通話をすることです。

この言葉は、スカイプ(Skype)というオンライン通話ツールが流行っていた時期に生まれました。「作業しながらスカイプ」の省略で「作業イプ」「さぎょいぷ」と呼ばれるようになりました。

今では、LINEやZoom、Discordなどさまざまな通話ツールがあるため、そちらを利用するのが主流ですが、そのときも変わらず「さぎょいぷ」と呼ばれることも多いです。

「さぎょいぷ」の元ネタ

さぎょいぷは、以下の2つの単語の省略形として誕生しました。

  • 作業
    絵を描く、小説を書くなど、なんらか決められたことをすること
  • スカイプ(Skype)
    オンライン通話ツールの名称
さぎょいぷは、スカイプがオンライン通話ツールとして人気だった頃に、主にアマチュアで絵を描いている絵師や小説書きなどの間で流行しました。

スカイプなどのオンライン通話ツールは、携帯電話と違って何時間話をしていても無料のため、気軽に電話ができるようになったことから、作業をしながらだらだら電話を繋ぐという文化が生まれました。

「さぎょいぷ」の使い方

「さぎょいぷ」は、以下のような表現でよく使われます。

  1. 〇〇さんとさぎょいぷする
  2. 誰かさぎょいぷしよ〜
  3. さぎょいぷしない?
  4. さぎょいぷ募集中!

それぞれ詳しく見ていきましょう。

使い方①:〇〇さんとさぎょいぷする

1つめの使い方は、「〇〇さんとさぎょいぷする」です。

仲の良い友達や、SNSのフォロワーなどと「さぎょいぷ」をする際に使います。

特にSNSのフォロワーと「さぎょいぷ」をする場合、それをSNSでアピールすることもあります。

例文
〇〇さんとさぎょいぷしたんだけど、めっちゃ楽しかった〜!

また、実際にTwitterなどではこのように使われます。

使い方②:誰かさぎょいぷしよ〜

2つめの使い方は、「誰かさぎょいぷしよ〜」です。

これは、「さぎょいぷ」相手を募集したい人がよく使う表現です。主にTwitterなどで見られます。

特に、コミケなどの同人誌即売会の直前などは、作業に追われている人が多いため、よくこういう表現を見かけます。

あるいは、大学生などの場合、期末レポートの締め切りの直前などによくこういうツイートがなされます。

例文
原稿マジでやばいから今日誰かさぎょいぷしよ〜

また、実際にTwitterなどではこのように使われます。

使い方③:夜さぎょいぷしない?

3つめの使い方は、「夜さぎょいぷしない?」です。

仲の良い友達や、SNSのフォロワーを「さぎょいぷ」に誘う際に使います。

趣味の友達だと、お互いに昼は仕事や学校があることも多く、「さぎょいぷ」は主に夜に行われることが多いです。

例文
今日の夜さぎょいぷしない? レポート進まないから助けて欲しい……

また、実際にTwitterなどではこのように使われます。

使い方④:さぎょいぷ募集中!

4つめの使い方は、「さぎょいぷ募集中!」です。

こちらも、「さぎょいぷ」相手を募集したい人がよく使う表現です。主にTwitterなどで見られます。ハッシュタグとして #さぎょいぷ募集 などの形でも使われます。

さらには、「さぎょいぷ」募集用の掲示板などでも使われます。

例文
今日と明日のさぎょいぷ募集中!

また、実際にTwitterなどではこのように使われます。

「さぎょいぷ」のメリットとデメリット


多くの人が行っている「さぎょいぷ」ですが、メリットもデメリットもあります。

それぞれ紹介します。まず、メリットにはこのようなものがあります。

「さぎょいぷ」のメリット
  • 孤独感が和らぐ
  • 通話のため安心してできる
  • 作業で行き詰まったときにすぐ相談できる
  • お互いに相手の進捗を監視しあえる
  • 無理に喋らなくてもいい
  • 自分と似ている人と繋がることができる
  • 全国各地の人と繋がれる
  • 通話料がかからない
たとえば、Twitterなどでは、「さぎょいぷ」に対してこのようなツイートがされています。

このツイートをした方は、無言に近い「さぎょいぷ」をZoomでしながら刺繍を楽しんだようです。

次に、デメリットにはこのようなものがあります。

「さぎょいぷ」のデメリット
  • 相手が見つからないとより寂しい
  • 自分の作業スタイルや通話相手によってはかえって作業が進まない
  • 個人情報/出会い目的の人がいる可能性もある
たとえば、こちらもTwitterではこのような感想が見られます。

人によっては「さぎょいぷ」をするとかえって作業が進まない人もいます。

「さぎょいぷ」のタイプ


「さぎょいぷ」をする人のタイプや目的としては、以下のようなものがあります。

雑談寄りタイプ作業寄りタイプ
何を重視するか雑談作業
自分が喋りたいか喋りたい無言でもいい
相手に喋って欲しいか喋って欲しい無言でもいい

他にも「憧れの絵師や小説書きと話したい」「友達の作業に付き合って雑談しているだけ」など、さまざまな目的を持つ人がいます。

これらのバランスなどが噛み合う相手と「さぎょいぷ」をすると良いです。

「さぎょいぷ」に必要なもの


「さぎょいぷ」をする場合、以下のものが必要です。

  • 必須
    ①インターネット環境
    ②SkypeやZoom、Discordなどのオンライン通話ツール
    ③パソコンやスマートフォンなど、オンライン通話ができるデバイス
    ④イヤホン(ないとハウリングが起こることがある)
  • 場合によっては必須
    ①ヘッドセット(マイク付きのヘッドホンやイヤホン)
    ②ウェブカメラ
  • あると便利
    ①(iPhoneの場合)本体を充電しながら使えるイヤホン
パソコンやスマートフォン、タブレットなどの種類によってはマイクやカメラがついていないので、その場合はヘッドセットやウェブカメラが必要になります。

また、iPhoneは有線イヤホンの差込口と充電口が一緒になるため、コードレスのイヤホンまたは充電器があると便利です。特に長時間の通話の場合、途中で充電が切れることがよくあります。

「さぎょいぷ」の手順


「さぎょいぷ」は、以下の手順で行います。

  1. 上記の「さぎょいぷ」に必要なものを準備する
  2. 「さぎょいぷ」相手を募集する
  3. 使用ソフトで「さぎょいぷ」メンバーを連絡先に追加する
  4. 時間になったら通話を始める
現在流行しているオンライン通話ツールだと、Zoom以外は概ね連絡先への追加が必要になります。事前に相手にIDなどを聞いておき、連絡先に追加しましょう。

Zoomの場合は相手に招待リンクを送るだけで良いです。

「さぎょいぷ」相手の募集


「さぎょいぷ」相手をする相手は、以下のように募集します。

  1. 友達や知り合いに声をかける
  2. TwitterなどのSNSで募集する
  3. 掲示板で募集する
それぞれ詳しく見ていきましょう。

募集方法①:友達や知り合いに声をかける

1つめの方法は「友達や知り合いに声をかける」です。

学生だと、レポートや試験などでお互い忙しい時期に「さぎょいぷ」をすることも多いかもしれません。

同じ時期に忙しくなる友達や知り合いがいれば、その人に声をかけるのがスムーズでしょう。

募集方法②:TwitterなどのSNSで募集する

2つめの方法は「TwitterなどのSNSで募集する」です。

最も一般的です。#さぎょいぷ募集 などのタグが作られるほど、多くの人が利用しています。

募集をする際は、以下のように、求める内容などを明確にして募集すると、相手が見つかりやすくなります。

  • 作業スタイル/内容
  • 自分/募集相手の年齢や性別
  • さぎょいぷの目的
  • さぎょいぷの内容
また、このようなテンプレートも公開されています。必要に応じて利用するのも良いでしょう。

募集方法③:掲示板で募集する

3つめの方法は「掲示板で募集する」です。

掲示板を利用して、「さぎょいぷ」の相手を探す方法もあります。同じ分野の人が集まるジャンルの掲示板を使うと、いい相手を見つけられる確率が高まります。

有名な掲示板としては、「スカイプちゃんねるw」などがあります。若い人から年配の人まで登録者が多く、いつでも活発なのが特徴です。

ただし、掲示板には出会いを求めている人や個人情報目当ての業者などもいるため、注意が必要です。

「さぎょいぷ」に適したオンライン通話ツール


「さぎょいぷ」に適しているオンライン通話ツールには、以下のようなものがあります。

  1. Skype
  2. LINE
  3. Discord
  4. Zoom
  5. Google Hangout
  6. Whereby
  7. mocri
  8. Fivetalk
有名なものについて、メリットとデメリットを詳しく説明していきます。

オンラインツール①:Skype

Skypeには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
  • アカウントが複数作れる
  • パソコンから通話がしやすい
  • 使ったことのある人が多い
デメリット
  • セキュリティ面が心配
  • アプリが重くて使いにくい
  • 使い方がわかりにくい
「さぎょいぷ」の語源ともなったスカイプですが、こうしたデメリットの存在もあり、現在はややマイナーです。

オンラインツール②:LINE

LINEには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 友達同士なら連絡先交換が不要
  • 操作しやすい
  • 使ったことのある人が多い
デメリット
  • 1個しかアカウントが作れない
  • ネット上の人と交換するのは心配
  • パソコンの画面共有などはやや難しい
友達同士で電話するには最適のツールです。

オンラインツール③:Discord

Discordには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 多機能
  • アカウントが複数作れる
  • パソコンからの通話がしやすい
  • アプリの動作が軽く、作業しながらの通話に向いている
デメリット
  • 使っている人が少ない
  • 仕組みが特殊で、使い方がわかりにくい
Discordには「サーバー」という機能があり、LINEやSkypeよりもSlackなどのグループコミュニケーションツールに近くなります。

多機能であるがゆえに、最初のハードルはやや高くなりますが、慣れれば使いやすいソフトです。

オンラインツール④:Zoom

Zoomには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 事前に友達追加をしなくても通話に参加できる
  • アカウントが複数作れる
  • パソコンからの通話がしやすい
  • アプリの動作が軽く、作業しながらの通話に向いている
  • 画面共有などがしやすい
デメリット
  • 無料版だと3人以上での通話が40分しかできない
最近爆発的に流行したZoomも「さぎょいぷ」にはとても適していますが、無料版だと機能の制限があり使いづらい面もあります。

なお、無料版でも2人での通話には時間制限はありません。

「さぎょいぷ」のまとめ

以上、この記事では「さぎょいぷ」について解説しました。

読み方さぎょいぷ
意味作業をしながら通話をすること
元ネタ「作業」と「スカイプ」の省略形

「さぎょいぷ」をすることで、また違った楽しさがあるかもしれません。

ABOUT US

Rie
Rie
日英バイリンガル東大生。 10年間小説を書き続けているため、文章力には自信があります。 いくつかの小説投稿サイトで掲載/連載している他、教育系NPOでもライターをしています。