これで完璧!「リュック」「バックパック」「デイパック」の違い

違いのギモン

皆さんはある程度多い荷物を持ち運ぶ際、どのようなバッグを使いますか。

重さも軽減され便利ということもあり、荷物が多い時には「リュック」を使う人も多いと思います。

 

しかし、背中に背負うバッグのことを「リュック」以外にも、「バックパック」と呼んだり、「デイパック」と呼んだりすることもあります。

しかし、それぞれの違いを正確に理解している人は実はあまり多くないと思います。

この記事では、「リュック」「バックパック」「デイパック」の違いについて解説します。

結論:「リュック」はドイツ語、「バックパック」は英語、「デイパック」は小型

「リュック」と「バックパック」の違いは言語です。「リュック(リュックサックの略)」はドイツ語、「バックパック」は英語から来ています。

「デイパック」は、1日分の荷物が入るぐらいの小型リュック(バックパック)です。

「リュック」をもっと詳しく


「リュック」は元々ドイツ語から来ている言葉です。ドイツ語で “Rucksuck” と書き、それを英語読みすると「リュックサック」、または「リュックザック」になります。

「リュック」はその略です。「リュックサック」と略さずに言ったり、表記したりする場合もあります。

 

「リュック」は元々は軍用に使われていたバッグです。容量が大きく、両手がふさがらないという点で、軍用に優れているバッグであることは想像しやすいと思います。

その後、登山の際にも使用されるようになりました。現在では、街で非常に多くの人に使用されています。

 

元々の「リュック」は厚手の布で作られたものを指していましたが、現在ではポリエステルやナイロンをはじめとした様々な素材で作られています。

そのため、「リュック」に関して、素材に関する定義などは特にありません。「背中に背負うバッグ」は全て「リュック」に分類されます。

「バックパック」をもっと詳しく


「バックパック」は元々英語から来ている言葉です。英語で “Backpack” と表記します。たまに「バッグ」と混同し、「バッグパック」と表記されていることもありますが、それは誤りです。

「リュック」とは言語が異なるだけで、「リュック」と「バックパック」は同じものを指します。

 

「バックパック」の元々の定義としては、アルミ製の枠にコットン製の袋がついた、背中に背負うバッグでした。

しかし、現在では「リュック」と同様に、素材で特に区別することなく、背中に背負うバッグを総称して「バックパック」と呼んでいます。

 

「バックパック」という言葉から派生した言葉として、「バックパッカー」があります。基本的に個人で、低予算で世界中を旅行する人のことを指します。

これは、低予算で国外旅行をする人の多くが「バックパック」を背負っているところから、そのように名づけられました。

「デイパック」をもっと詳しく


「デイパック」は、「リュック」と「バックパック」の一種です。

「デイ(Day)」という言葉が示すように、1日の日帰り旅行程度の荷物が入るぐらいの大きさの「リュック」を指します。「デイパック」は小型であるため、登山には不向きとされ、ハイキングや普段の生活で使用されることがほとんどです。

 

普段の生活で使用されることが多いこともあり、ファッション性に重点を置いたものが多く作られています。

ただ、ハイキングや長距離の移動を想定し、肩への負担を軽減するような機能性を重視したタイプも数多くあります。

まとめ

以上、この記事では、「リュック」「バックパック」「デイパック」の違いについて解説しました。

  • リュック:ドイツ語。背中に背負うバッグ。=バックパック
  • バックパック:英語。背中に背負うバッグ。=リュック
  • デイパック:リュック、バックパックの一種で、小型のものを指す。

「リュック」と「バックパック」には、形や素材、大きさの点で違いはなく、単なる言語の違いでした。物自体に違いは無いので、神経質にならずに自分の好きな方で呼びましょう。

しかし、「デイパック」は「リュック」と「バックパック」の一種であることは、意外な点ではないでしょうか。今後は、大きな「リュック」を「デイパック」と呼ばないように気を付けたいですね。