「ロイヤルティ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ロイヤルティ」です。

「ロイヤルティ」の意味や使い方、語源、類義語、「ロイヤルティ」のつく言葉についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ロイヤルティ」とは?

ロイヤルティ(royalty、loyalty):特定の権利を使用する人が払う使用料。忠誠心。企業への愛着心。

「ロイヤルティ」の意味を詳しく

「ロイヤルティ」とは、特定の権利を使用する人が払う使用料、また忠誠心や特定のブランドや商品への愛着ことを指します。

「ロイヤルティ」の意味は大きく2つに分かれています。そもそも英単語だと綴り(つづり)が違うのです。しかし、カタカナ語では全く同じなので文脈で見分ける必要があります。

「ロイヤルティ(loyalty)」の意味

綴りが “L” から始まる「ロイヤルティ(loyalty)」は「忠誠心・忠実・忠義」などの意味です。「ロイヤルティ」という比較的カタカナ語と似ている発音をします。

もともとは国家や君主に対する忠誠心を表す言葉でした。そこから「忠誠」「忠実」などの意味が残り、現代ではビジネスの場面で「従業員の会社に対する忠実さ、愛社精神、帰属意識」などを指すようにもなりました。

また、ビジネスの場面ではもう一つ意味があります。特定のブランドや会社に対する顧客からの信頼性・親密性・愛着という意味です。

「個々の会社の新商品なら使ってみようかな」「このブランドがお気に入り」などの消費者側からの気持ちを「ロイヤルティ」と言います。

「ロイヤルティ(royalty)」の意味

綴りが “R” から始まる「ロイヤルティ(royalty)」は、「特定の権利を利用する人が、その権利を持っている人に支払う使用料」のことです。

主に、著作権、特許権、商標権などの知的財産権を利用するときに発生するものです。著作権に対する利用料は「印税」という言い方もあります。実施料とも言い換えることができます。

また、発音はカタカナ語の「ロイヤルティ」とは違い、「ライヤルティ」という方が近いです。

スポンサードリンク

「ロイヤルティ」の使い方

  1. 制作者に正当なロイヤルティが支払われるシステムが出来上がった。
  2. 現代の日本では、ロイヤルティが軽視されている。
  3. 男性は女性に比べて、会社に対するロイヤルティが低い傾向がある。
  4. 「どのメーカーでもいい」という人はメーカーへのロイヤルティが低い。
  5. 昔のヨーロッパでは、市民が王政に対して強いロイヤルティを持っていた。

➊と➋では、「権利の使用料」という意味で使われています。➌と➍では、「特定の会社、メーカーへの愛着」という意味、最後の➎は「忠誠心」という意味で使われています。

「ロイヤルティ」の語源

「ロイヤルティ」の語源は英語の “royalty” “loyalty” です。

“loyalty” の語源は「法律」という意味の“legal” や“law” です。そのため “L” から始まります。

「法は課されるもの」であり、君主から臣下に課されたものが「忠誠心」だったためこの意味になりました。また、「法律に忠誠心を持ち守らなければならない」という意味から「忠誠」という意味が生まれたという説もあります。

“royalty” は「王国の」という意味の英単語 “royal” の変化形です。“royalty” はもともとは「王の特権」という意味でした。そこから「国王に納める税金」の比喩として「使用料」や「実施料」を指すようになりました。

スポンサードリンク

「ロイヤルティ」の類義語

「ロイヤルティ」には以下のような類義語があります。

  • 特許料
  • 実施料
  • 原作料
  • 印税
  • 忠誠心
  • 愛着
  • 信頼性

➊~➍は “royalty” の類義語、➎~➐は “loyalty” の類義語です。

「ロイヤルティ」がつく言葉

顧客ロイヤルティ

「顧客ロイヤルティ」とは、上記でも説明した「消費者、顧客からの企業やブランドへの愛着」という意味です。

従業員ロイヤルティ

「従業員ロイヤルティ」とは、「従業員の、自社に対する帰属意識や忠実さ、愛社精神」のことです。上で説明した「顧客ロイヤルティ」と区別する時に使われる言葉です。

ロイヤルティマーケティング

ロイヤルティマーケティングとは、ある企業やブランドを気に入って他のブランドをほとんど使わないような重客に対して特別なサービスや割引などを行うことです。顧客ロイヤルティが高い消費者は企業にとってとても大切なのです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「ロイヤルティ」について解説しました。

英語表記 ロイヤルティ(royalty、loyalty)
意味 特定の権利を使用する人が払う使用料。忠誠心。企業への愛着心。
語源 「法律」の意味の“legal” や“law”と「王国の」という意味の英単語 “royal”から
類義語 原作料、実施料、印税、特許料、忠誠心、愛着、信頼性
「ロイヤルティ」のつく言葉 顧客ロイヤルティ、従業員ロイヤルティ、ロイヤルティマーケティング

「ロイヤルティ」という言葉は日常生活の中でも耳にする機会があると思います。

英単語として知っていたという人は「忠誠心」という意味のイメージが強かったのではないでしょうか。

この機会に使いこなせるようになりましょう。

スポンサードリンク