漢字が違うだけ?「回る」「周る」「廻る」の違い

違いのギモン

「周」という漢字は、普段「周り」として頻繁に使われています。実は動詞としても使うことを知っていましたか?

「周る」と使うことができますが、今度は「回る」との違いをギモンに思うでしょう。

今回はさらに「廻る」を加えた、「回る」「周る」「廻る」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:「回る」と「廻る」は同じ、「周る」は違う意味

「回る」は、回転を表します。「周る」はぐるりとひと回りすることを指します。

「廻る」は「回る」と同じ意味ですが、常用漢字外です。

「回る」をもっと詳しく


「回る」は、物体がある点を中心として円を描くように動くことを指します。その他、多くの意味を持ちますが、すべてこの円形の運動から派生した意味です。

以下に、代表的な意味をまとめました。

「回る」の代表的な意味
  • 何か所かを順に移動して、出発点に戻る。
  • 直接行かないで、別の場所を経由する。
  • 別の位置、立場に移る。
  • ある範囲に行きわたる。
  • 十分にはたらく。

「回る」の使い方の例

回る」を使用した例文を以下に示します。

  1. あと五分もしたら、毒が回って気絶してしまうだろう。
  2. そんな慌てることないよ、急がば回れというじゃないか。
  3. ついに給食当番が回ってきた。
  4. 弁護士は、よく舌が回る人が向いていると思います。
  5. 血液は、常に体の中を回っている。

①は、毒が体に行きわたるという意味で「回る」が使われています。

②はことわざの「急がば回れ」が引用されています。この「回れ」は、直接行かないで別の場所を経由するという意味です。

③は給食当番という立場・役割に移ることを表します。

 

④の「舌が回る」という表現は、舌が十分にはたらく、つまりよどみなく喋ることを指します。

⑤の「回る」は、何か所かを順に移動して、出発点に戻るという意味で使われています。

スポンサードリンク

「周る」をもっと詳しく


「周る」は、「まわる」と読まれることもありますが、一般的には「めぐる」と読みます。意味は、ぐるりとひと回りすることです。

先ほどご紹介した、「回る」の「何か所かを順に移動して、出発点に戻る」という意味と似ています。「回る」は繰り返しであるのに対して、「周る」はひと回りのニュアンスがあります。

また、「周る」は広い範囲を取り囲むような意味合いが強いです。

「周遊」や「円周」などの熟語をイメージすると意味がとらえやすくなります。

 

「周る」を「まわる」と読むようになったのは最近です。昭和48年に改訂された当用漢字音訓表で「まわる」という訓読みが追加されました。

ただ、現在では削除されているため、「周」の正しい訓読みは「めぐる」です。

「周る」の使い方の例

周る」を使用した例文を以下に示します。

  1. 人生に飽きてきたため、世界を周ろうと思う。
  2. ベストシーズンのヨーロッパ周遊の旅はさすがに高いね。

①は、世界をぐるりとひと回りする意味で「周る」が使われています。

②の「周遊」は、ヨーロッパの各地を順に訪れるという意味です。

「廻る」をもっと詳しく

「廻る」は「回る」と同じ意味です。移動を表す”えんにょう”をつけることで、「巡る」というニュアンスが強くなっています。

ただ、常用漢字外であるため、普通は「回る」に置き換えられます。そのため、見かける機会は、特別な熟語に限られるでしょう。

「廻る」を使った熟語には、「輪廻(りんね)」や「廻船(かいせん)」などがあります。「輪廻」は生まれかわりを繰り返すという思想を、「廻船」は人や貨物を運びまわる船を指します。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「回る」「周る」「廻る」の違いについて解説しました。

  • 回る:物体がある点を中心として円形の軌跡を描くように動くこと
  • 周る:ぐるりとひと回りすること
  • 廻る:「回る」に同じ
かなり細かいニュアンスの違いだったため、ミスなく「回る」もしくは「周る」を使用することは難しいでしょう。

「周る」を「めぐる」と読むようにすれば、誤用が減ります。

スポンサードリンク