「ロードマップ」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ロードマップ」です。
「ロードマップ」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「ロードマップ」の意味をスッキリ理解!

ロードマップ(roadmap):ドライバーのための詳細な地図・目標を達成するまでの行程表

「ロードマップ」の意味を詳しく

「ロードマップ」とは、ドライバーのための詳細な地図・目標を達成するまでの行程表のことです。

もともとは、「ドライバーのための詳細な地図」を表す言葉でした。

自動車を目的地まで運転するために使われるものだったので、転じて「目標を達成するまでの行程表」という意味も持つようになったと考えられます。

それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

「ドライバーのための詳細な地図」という意味

「ロードマップ」のひとつめの意味は、「ドライバーのための詳細な地図」です。

単なる地図とは違いドライブに特化している地図なので、自動車を運転するときに役立つ情報が詳しく乗っています。

具体的には、以下のような情報が普通の地図よりも豊富に載っています。

  • 国道や県道などの表記
  • 有料道路の区分
  • 路線の名前
  • ガソリンスタンドの位置
  • インターチェンジ・パーキングエリアの位置

「目標を達成するまでの行程表」という意味

「ロードマップ」のふたつめの意味は、「目標を達成するまでの行程表」です。主にビジネスなどで用いられる思考ツールのひとつです。

具体的な目標をひとつ設定し、そのためにやるべきことや、障壁、それに対する解決方法などを挙げます。そして、それらに優先順位を付けた上で達成までの大まかなスケジュールを、時系列で書いていくのです。

具体的には、以下のような場面で使うことができます。

  • ビジネス:製品を販売するまでの企画計画
  • ビジネス:事業規模を拡大するための事業計画
  • 勉強:志望校に受かるための勉強スケジュール
  • 科学:特定の科学技術を実用化するまでの計画

上のように、さまざまな場面で使うことができ、場面ごとに設定された期間は大きく異なります。

ビジネスで、一週間程度の規模の小さなプロジェクトに使われることもあれば、企業全体の目的を10年単位で表すこともあります。

「ロードマップ」の使い方

「ロードマップ」には以下のような使い方があります。

  1. ロードマップを見ながら、明日のドライブの予定を固めよう。
  2. ロードマップには書かれていなかった裏道を見つけた。
  3. 企画発案者は、来週の会議までにロードマップを作製してきてください。
  4. ロードマップを作ると、今どんな勉強をすれば合格に近づくのかがわかりやすくなる。

➊と➋の「ロードマップ」は、「ドライバーのための詳細な地図」という意味で使われています。

➌と➍の「ロードマップ」は、「目標を達成するまでの行程表」という意味で使われています。

特に➌はビジネスにおいて、➍は受験勉強において使われていることがわかります。

「ロードマップ」の語源

「ロードマップ」の語源は英語の “road map” です。

英語の “road map” には、以下のような意味があります。

  • 道路地図
  • (成功や目標達成へ)導くもの

「ロードマップ」の類義語

「ロードマップ」には以下のような類義語があります。

  • スケジュール:予定・予定表

「ロードマップ」と「スケジュール」の違い

「スケジュール」は予定表のことであり、ひとつの目標にフォーカスしてはいません。

また、「スケジュール」は予定だけを書きこむものですが、「ロードマップ」は、目標までの障壁や解決案などさまざまなものを書き込みます。

まとめ

以上、この記事では「ロードマップ」について解説しました。

英語表記ロードマップ(roadmap)
意味ドライバーのための詳細な地図・目標を達成するまでの行程表
語源「道路地図」という意味の英単語 “road map”
類義語スケジュール

「ロードマップ」は、ビジネスや勉強などのさまざまな場面で使うことのできる思考ツールです。上手に活用して、目標達成に役立てましょう。