どこが違う?「理容室」と「美容室」の違いをわかりやすく解説

違いのギモン

みなさんは普段、「理容室」と「美容室」のどちらを利用していますか?

おそらく、女性は「美容室」を利用する人がほとんどで、男性は「理容室」派と「美容室」派に分かれるのではないでしょうか。

どちらも、髪を切ったり整えたりする場所というイメージはありますが、一体それぞれにどのような特徴があるのでしょうか。

以下では、「理容室」と「美容室」の違いについて詳しく解説していきます。

結論:業務内容の範囲の違い

「理容室」と「美容室」の明確な違いは業務内容の範囲にあります。

「理容室」は、頭髪の刈込、顔剃り等の方法によって容姿を整えるところです。

「美容室」は、パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法によって容姿を美しくするところとされています。

「理容室」をもっと詳しく

「理容室」とは、おもにカットやシェービングの施術によって髪型を整えたり、ひげを剃ったりといった、容姿を整えるためのサービスが提供される場です。

「理容室」では「理容師」が、「美容室」では「美容師」が施術を行うわけですが、「理容師」の大きな特徴として、施術の際にカミソリを扱うことができるという点が挙げられます。男性にとって、散髪と顔剃りの両方を一度に仕上げてもらえるのはありがたいですよね。

 

利用に関する男女の区別は定義されていないため、女性でも「理容室」を利用することはできます。しかし、利用客の男性率の高さや、お店の雰囲気などから、やはり女性は「美容室」を選びがちなのではないでしょうか。

また、原則として「理容師」が女性客にパーマの施術を行うことは禁止されています。

「美容室」をもっと詳しく

「理容室」が容姿を”整える”場であったのに対して、「美容室」は容姿を”美しくする”場であるとされています。したがって、「美容室」ではカットだけでなく、パーマやヘアカラー、ヘアアレンジなど、総合的にファッショナブルな施術を受けられるのが特徴です。

 

最近では、ヘッドスパのメニューがあったり、メイクアップ、着物の着付けをしてもらえたりするなど、多種多様なサービスが展開されています。

また、そうしたサービスの多様化にともなって、男性で「美容室」を利用する人も増えてきています。

ただし、「美容師」のカミソリの使用については原則禁止(メイクに顔剃りが必要な場合を除く)とされています。

ひと目で分かる「理容室」と「美容室」の見分け方

ここまで「理容室」と「美容室」の違いをご説明してきましたが、もっとわかりやすい目に見える特徴として、「サインポール」があります。

赤・白・青の縞模様でくるくると回転する円柱型の看板は、誰もが一度は街中で目にしたことがあるのではないでしょうか。この「サインポール」が店先にあれば、そのお店は「理容室」です。「美容室」には「サインポール」はありません。

 

ちなみに、この赤・白・青の3色は、その昔「理容室」は理髪と外科の施術の両方を兼ね備えた施設であったことに由来するそうです。

それぞれの色が表す意味については諸説あるようですが、一説によると、赤は動脈、青は静脈、そして白は包帯を意味しているとされています。これは、12世紀のヨーロッパにおいて、理容師が外科医を兼務していたことから来る説です。

ただ、血管に動脈と静脈の2種類があることが発見されたのは17世紀であるため、12世紀に血管の色による分け方があったとは考えにくいという反論もあります。

まとめ

以上、この記事では、「理容室」と「美容室」の違いについて解説しました。

  • 理容室:頭髪の刈込、顔剃り等の方法により容姿を整えるところ。カミソリが扱える。
  • 美容室:パーマネントウェーブ、結髪、化粧等により容姿を美しくするところ。

「理容室」と「美容室」は、利用における男女の区別はないので、実は誰でも利用することができるのですね。

ほかにも、「理容室」はスピーディーに短時間で施術してくれるという利点が、「美容室」はトレンドに敏感でおしゃれなヘアスタイルを提案してくれるという利点があります。

それぞれの特徴や得意分野を知っていると、自分のニーズに合わせた上手な使い分けができそうですね。ぜひ参考にしてください。