「リアタイ」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「リアタイ」です。

「リアタイ」の意味・使い方・語源についてわかりやすく解説します。

「リアタイ」の意味をスッキリ理解!

リアタイ(real time):「同時」や「実時間」などの現在進行している時間

「リアタイ」の意味を詳しく

「リアタイ」とは、今この瞬間に流れている時間を指した言葉です。

「リアタイ」は、「リアルタイム」の略です。テレビ番組やネット配信を録画でなく、放送時間に視聴することを指します。主に10代などの若者を中心に、TwitterなどのSNSでよく利用されるようになりました。

実時間を表す「リアタイ」

実時間を表す「リアタイ」には、「放送されているのと同じ時間に」という意味があります。

例文
  1. 今夜放送するドラマはリアタイで見たい。
  2. 昨日リアタイで野球観戦できなかった。
①の例文は、「実際に放送される時間帯にドラマを視聴したい」という文章です。

②の例文のように、「リアタイ」は「過去のある時点におけるリアルタイム」を表す際にも使用することができます。

本来「リアタイ」という単語には、「視聴」という意味合いはありません。しかし、視聴する際に使用されることが多いころから「実時間で視聴する」という意味で使われるようになりました。

即時を表す「リアタイ」

「リアタイ」には、「即時に」「すぐに」という意味があります。

例文
  • 先輩はいつもリアタイでメールの返信をくれる。
上記の例文では、先輩からの返信が早いことを「リアタイ」と表しています。このように「ほぼリアルタイム」で何かが行われることを指します。

参加を表す「リアタイ」

視聴する対象がテレビ番組やインターネット生配信ではなく、コンサートやスポーツ観戦などの場合は、「リアタイ」は「実際に参加する」という意味をもちます。

例文
  • 好きなバンドのコンサートをリアタイできるなんて幸せ。

会うことを表す「リアタイ」

一般的ではありませんが、「リアタイ」には「実際に会う」という意味もあります。

例文
  • 今、友達とリアタイでランチしてる。
上記のような例文の「リアタイ」は、主に「今、実際に友人とランチを楽しんでいる」という状況を第3者に伝えたり、SNSなどで発信する時に使用します。

若者がSNSを中心に使用している言葉であるため、一般的に世間に知られているわけではありません。そのため、使用する場面や相手によっては意味が伝わらないこともあります。使用場面に注意しましょう。

IT業界で使用される「リアタイ」

IT業界では「リアルタイム処理」という用語が使用されています。これは、「データの処理要求が発生したときに、即座に処理を実行して結果を返す方式」を指しています。

「リアタイ処理」と略して使用することもできますが、業界用語としては「リアルタイム処理」が適切です。

「リアタイ」の使い方

  1. リアタイで歌番組を観たいので、私は先に帰ります。
  2. 初めて好きなアーテストのライブをリアタイできて最高だった。
  3. リアタイで彼氏とドライブに行ってます。

①は、実時間を表していて「実際に放送される時間に番組を見る」ことを指しています。

②は、「参加する・観戦する」という意味合いで「リアタイ」が使用されています。実際に、自分がその場にいてライブやスポーツなどを観戦するときに使用するのが適切です。

③は、SNSなどで「自分が今、何を誰としているのか」と発信する際に使われる表現です。「実際に会っている」ことを指しています。

「リアタイ」の語源

リアタイの語源は英語の “real time” です。

リアルタイム(Real time)には、英語で「即時に」「同時に」「実時間」という意味があります。その「リアルタイム」という言葉が、TwitterをはじめとしたSNS上で若者へと広がり、「リアタイ」と略されるようになりました。

まとめ

以上、この記事では「リアタイ」について解説しました。

英語表記リアタイ(real time)
意味「同時」や「実時間」などの現在進行している時間
語源リアルタイムの略

「リアタイ」はインターネットが発達し、録画や動画をダウンロードして視聴することが増えてきた時代だからこそ、誕生した言葉です。

実際に放送されている時間に視聴することで、味わうことのできる熱や興奮があります。

この記事を機会にSNS上で発展した若者言葉の意味や使い方を覚えましょう。