これってどう違う?「辞任」と「退任」の違い

違いのギモン

職場において人があるポジションを退くときに使う言葉として「辞任」と「退任」があります。この 2つの言葉の意味は、同じではないのです。皆さまは違いをご存知でしょうか。

今回は「辞任」と「退任」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:「辞任」は自らの意思で退くこと、「退任」は退き方を問わない

「辞任」とは、自らの意思で任務を辞めることを指します。

一方、「退任」とは、任務を退くこと全般を指し、その退き方は問われません。

「辞任」をもっと詳しく


「辞任」とは、自らの意思で就いている任務から退くことを指します。英語では “resignation” と言います。

任期の途中で辞めさせられたり、また任期を満了して任務から退くことを「辞任」とは言いません。任期を全うしないうちに、自分から申し出て任務から退くことを「辞任」と言います。

「辞任」の使い方の例

  1. 社長を辞任する。
  2. 一身上の都合で大臣を辞任する。
  3. 取締役は、原則としていつでも辞任できる。
スポンサードリンク

「退任」をもっと詳しく


「退任」とは、任務を退くこと全般を指し、その退き方は問われません。英語では “retirement” と言います。

「辞任」は自分の意思で退くという特定の辞め方を意味する言葉ですが、「退任」はあらゆる退き方を包含した言葉です。

 

「退任」には、以下の 4通りのケースがあります。

  1. 任期を満了して任務から退くこと
  2. 自らの意思で辞めること
  3. 任務を辞めさせられること
  4. 当事者が死亡して任務を遂行できない状態になること

➋は「辞任」です。➌は「解任」と言います。「退任」は、基本的には任期を満了して任務を退くことを指します。退き方が「辞任」の意味であるならば「辞任」を用い、「解任」の意味であるならば「解任」を用いることが自然です。

「退任」の使い方の例

  1. 退任する役員に記念品を贈呈する。
  2. 任期を満了し、大阪府知事を退任する。
  3. 社長退任の挨拶は、従業員への感謝の言葉から始まった。

まとめ

以上、この記事では、「辞任」と「退任」の違いについて解説しました。

  • 辞任:自らの意思で任務を退くこと。
  • 退任:任務を退くこと。退き方は問わない。
「辞任」と「退任」はどちらも辞めることを指しますが、自ら退くという特定の意味を指す場合は「辞任」、そして辞めること全般を指す場合は「退任」を使います。意味の違いをきちんと理解して、正しく使い分けてくださいね。

スポンサードリンク