理解を深めよう!「調査」と「研究」の違い

違いのギモン

スマートフォンが登場してから、ネット検索を容易にできるようになり、わからないことはすぐに調べるという習慣を持つ人々が増えたと思います。

「調べる」という行為が日常化していますが、それらは「調査」と「研究」どちらの言葉で表現することができるかご存知ですか。知らない人もいると思うので、「調査」と「研究」について解説します。

スポンサードリンク

結論:目的の違い

「調査」とは、物事の動向や実態を明らかにするために、調べること。

「研究」とは、物事の情報を集めて、それを元に考察し、物事の真理を明らかにすること。

「調査」の目的とは?

調査とは、物事をよく知るために、詳しく調べる行為です。調査の目的は物事を詳しく調べることであり、手段としてインターネット検索や聞き取りなどをします。

これから、私たちの社会で行われている調査を、身近な例を取り上げて簡潔に説明します。今から挙げる例は「市場調査」「世論調査」の二つです。

「市場調査」とは何だろう?

市場調査とは、主に企業が消費者の購買動向を知るために行う調査です。この調査で集めたデータを統計的に解析し、それらを元にマーケティングの施策を考えます。

市場調査を行うことで、消費者がどんな製品を求めているのか、求めている年齢層はどのぐらいなのかなどの情報を得ることができ、それらを元に製品をより良くすることができます。

「世論調査」とは何だろう?

世論調査とは、ある一つの物事に対して一般市民がどんな意見を持っているのかを知るために行う調査です。例えば、ある政治家が挙げた事案についてどう思うか、街で歩く人にインタビューをすることを世論調査と呼ぶことができます。

世論調査を行うことで、一般市民がどのような意見を支持しているかなど、世論の動向を探ることができます。

スポンサードリンク

「研究」の目的とは?

研究とは、ある物事に対する情報収集を行い、それらについて深く考えながら、物事の理解を深めたり、明らかにする行為です。ここでの情報収集はあくまでも過程で、それらを元に何かを導き出そうとすることが研究の目的です。

例えば、日本文化について研究するということは、日本文化にまつわる資料を集めてそれらを分析し、日本文化とはどういうものなのかを追求することです。

まとめ

以上、この記事では「調査」と「研究」について解説しました。

  • 調査:物事を詳しく調べること
  • 研究:調べた情報を元に、物事の真理を追求すること

調べるという点において共通する「調査」と「研究」の違いは理解できたでしょうか。世の中は、明らかにされていないことや誰も知らない謎であふれています。

疑問に思ったら誰かに聞いたり、調べたりするなど常に探究心を持って生活できると良いですね。

スポンサードリンク