「廉価(れんか)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「廉価(れんか)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「廉価」の意味をスッキリ理解!

廉価(れんか):値段が安いこと、安くて手頃な値段・品物の値段が安いさま

「廉価」の意味を詳しく

「廉価」は「れんか」と読み、「値段が安いこと」「安くて手ごろな値段・品物の値段が安いさま」を表します。

「廉」の字には「値段が安い」という意味があり、「値段、値、値打ち」という意味の「価」と合わさることでこの意味を表しています。

「廉価」の使い方

「廉価」はやや改まった言葉のため、主に書き言葉として使われます。

「廉価」は「廉価に買えた」などのように買い手側が使うよりも、「廉価販売する」「廉価な商品」といったように売り手側が使用することが多い言葉です。

「廉価」には「安価」や「安値」などのに、「安」という字が使われていないため、他の言葉と比べて直接的に「値段が低い」というイメージがつきにくいです。さらに、「廉価」は安いことを丁寧に表現している言葉であるため、売り手側が使用することが多いです。

 

例文は以下の通りです。

  • A社は廉価かつ質の良いサービスを提供している。
  • 昨シーズン売れなかった携帯電話を廉価で販売する。
  • こちらの商品は廉価ですが、性能は劣りません。

 

また「廉価」を使用した言葉としてよく使用されるのが「廉価版」です。「廉価版」は、販促などの目的のために特別に安い価格で提供する商品です。

たとえば、書籍などのカバーやデザインをシンプルにして安くしたものや、パソコンなどでは機能や構成を簡素化したモデルを「廉価版」もしくは「廉価モデル」として販売しています。

つまり、単なる「安売り」ではなく、低価格の理由がはっきりしている商品のことを「廉価版」と言います。

「廉価」の語源

「廉価」を構成する漢字は以下の通りです。

  • 廉:安売り、安い、潔い、利に心が動かない
  • 価:値段、代金

それぞれの漢字の意味からも「値段が安いこと・安くて手ごろな値段・品物の値段が安いさま」という意味を推測することができます。

また、「廉」の「潔い、利に心が動かない」という意味から、「廉価」には「欲にとらわれずに安い値段でお客様に提供する」という販売側のポジティブな様子を読み取ることができます。

「廉価」の類義語

「廉価」には以下のような類義語があります。

  • 安価:値段が安いこと、安っぽいこと、いい加減なこと
  • 安値:値段が安いこと、安い値段

 

例文は以下の通りです。

  • 輸入品より国産品の方が安価だ。
  • 昨シーズンの旧モデルに安値をつけて販売する。

 

「廉価」と「安価」は、言葉を利用する側の立場に大きな違いがあります。

「廉価」と「安価」の違い
  • 廉価:商品を「提供する側」が使う言葉
  • 安価:商品を「購入する側」が使う言葉

「安価」は、消費者から見た価格の判断で、「こっちのお店の方が安価だ」のように商品を購入する側が使用します。また、販売側が「安価」を使用する場合は、ややマイナスのイメージで使われる場合が多くなります。

「廉価」の対義語

「廉価」には以下のような対義語があります。

  • 高価:値段が高いこと

例文は以下の通りです。

  • スペック重視で高価な最新版を購入した。

「廉価」の英語訳

「廉価」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • inexpensive
  • cheap

まとめ

以上、この記事では「廉価」について解説しました。

読み方廉価(れんか)
意味値段が安いこと、安くて手ごろな値段・品物の値段が安いさま
語源「安売り、安い」と「値段、代金」という意味の漢字から
類義語安価、安値
対義語高価
英語訳inexpensive、cheap(廉価)

上でまとめたように、「廉価」は売り手側が使う言葉であること、かつ、書き言葉として使用されることが多いため、日常的に耳にすることが少ない言葉です。類義語や例文とともに覚えて、使用できるように覚えていきましょう。