ことわざ「例外のない規則はない」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「例外のない規則はない」です。

言葉の意味・例文・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「例外のない規則はない」の意味をスッキリ理解!

例外のない規則はない:どんな規則にも適用しきれない事態があり、例外はつきものだということ

「例外のない規則はない」の意味を詳しく


「例外のない規則はない」は、どんな規則にも、当てはまらない例外があることを表します。また、物事は理屈だけで律することはできない、という意味もあります。

「規則」とは、それに基づいて行為や手続きが行われるよう定められたものです。社会や組織に秩序をもたらす役割があります。

一方、「例外」とは、「ルールが当てはまらないこと」を意味します。

このことわざは、どんなに精密に規則を作っても、実際にはそれに従うだけでは的確に対応しきれないということを示唆しています。

スポンサードリンク

「例外のない規則はない」の例文

  1. 例外のない規則はないとも言いますから、今回は特別に認めてもよいのではないでしょうか。
  2. 例外のない規則はないというが、統治の根本規範である憲法について、例外を認めるわけにはいかない。

「例外のない規則はない」の英語訳

「例外のない規則はない」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • There is no rule without exceptions.
    (例外のない規則はない。)
  • Every rule has its exceptions.
    (すべての規則には例外がある。)
  • The exception proves the rule.
    (例外が規則のあることを証明する。)

これらの言葉は「例外のない規則がある」ことも同時に認めています。

「例外のない規則はない」というのも一つの規則にあたりますから、この規則にも例外が予想されるためです。「例外のない規則はない」の例外とは、「例外のない規則がある」ということになります。

これらの英文に近い意味を持つ文として、Rules are made to be broken.(規則は破られるためにある。)もあります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「例外のない規則はない」について解説しました。

意味 どんな規則にもそれに当てはまらない例外があるということ
英語訳 There is no rule without exceptions.(例外のない規則はない)

規則というのは社会においても必要不可欠なものですが、「例外のない規則はない」ですから、時と場合よって柔軟な対応をすることも必要なのかもしれません。

スポンサードリンク