「リサイタル 」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「リサイタル」です。

「リサイタル」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

「リサイタル」の意味をスッキリ理解!

リサイタル(recital):独唱会・独奏会

「リサイタル」の意味を詳しく

「リサイタル」は、屋内や屋外で、1人の歌手や演奏者が観客の前で、歌や楽器の演奏を披露することです。

「リサイタル」とは独唱会や独奏会などの「1人でステージに立つこと」を指します。そのため、ステージ上の楽器演奏者などの出演者の人数はカウントされません。

また「リサイタル」では、主にクラシック系のジャンルの音楽が演奏されたり独唱されます。

「リサイタル」は、歌手や演奏者が「1人」である場合のみ使用することができます。「リサイタル」として開催されるのは、数人が集まって歌や演奏を披露するものではないため、注意が必要です。

「コンサート」「ライブ」「リサイタル」の違い

「リサイタル」と似た意味をもつ「コンサート」「ライブ」との違いを見ていきましょう。

  1. コンサート:複数の人が集まって行う演奏会や音楽会
  2. ライブ:観客の前で行う生演奏(人数の指定がない)
  3. リサイタル:1人の歌手や演奏者が観客の前で、歌や楽器の演奏を披露すること

①の「コンサート」は、「グループや楽団などの複数の人が集まって行うもの」を指します。「リサイタル」と比べて、大規模で行われることが多いのが特徴です。

「コンサート」は「公開演奏会」を意味するため、特定の人を対象に聞かせる私的な演奏会のことを指しません。「人数」「規模」「私的か・公開か」という部分に「リサイタル」と「コンサート」の違いがあります。

また、「コンサート」は交響楽団や合唱団、吹奏楽団などが定期的に行う演奏会のことを指し、クラシック音楽が主な演目になります。会場は、静粛に保たれていて、音楽を静かに鑑賞するという雰囲気が大切にされます。

 

②の「ライブ」は、「ロックやポップスが中心のコンサート」を指します。ライブ会場では、音楽を通じて会場が演奏者と一緒に盛り上がれることが特徴です。そのため「クラシックなどの鑑賞するタイプの公演」という意味を持つ「リサイタル」とは意味が違ってきます。

「ライブ」には、人数に規定はありません。歌手や演奏者は1人の場合やグループの場合などさまざまです。

「リサイタル」の使い方

  1. 念願だったピアノリサイタルを開催することになった。
  2. 彼女のリサイタルが成功して、私はとても嬉しかった。

上の例文のように、「独唱会・独奏会」を「リサイタル」と表現します。①、②は同様に「演奏者が1人で観客の前で、歌や楽器の演奏を披露すること」を指しています。

「リサイタル」の語源

リサイタルの語源はラテン語の “cito” です。

“recital”の核の部分である “cit” は、ラテン語の “cito” からきていて「呼びかける」「駆り立てる」という意味を持っています。

「recital」を分解すると “re(再び)” “cite(呼び起こす)” “al(〜こと)” に分けられ、 “cite” は、 “exicite(感情を呼び起こす)” という言葉にも使われています。

「リサイタル」の類義語

リサイタルには以下のような類義語があります。

  • 音楽会:音楽を演奏して、聴衆に聴かせる会
  • コンサート:演奏会・音楽会

まとめ

以上、この記事では「リサイタル」について解説しました。

英語表記リサイタル(recital)
意味独唱会・独奏会
語源ラテン語の “cito”
類義語音楽会・コンサート

「リサイタル」は「1人の歌手や演奏者」が行うという部分が最大の特徴です。「リサイタル」は、大規模でグループや楽団などの大人数で行う「コンサート」とは異なり、1人で行うため比較的プライベート感があり、親しみやすいのが特徴です。

類義語との意味の違いを意識して、適切に使用しましょう。