「リーズナブル」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「リーズナブル」です。

「リーズナブル」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「リーズナブル」とは?

リーズナブル(reasonable):理にかなった

「リーズナブル」の意味を詳しく

「リーズナブル」は「理にかなった」というのが主な意味のカタカナ語です。何か議論をしており、その論理が妥当や正当性があるときその状況を「リーズナブル」と言います。また、その意味が変化して価格についても使用されるようになりました。

ある商品の価格が適切や妥当である状況のことを「リーズナブル」と言います。妥当性という主な意味から考えると「適切価格」という意味も理解できます。

スポンサードリンク

「リーズナブル」の使い方

  1. その論理はリーズナブルだ。
  2. 乗り放題のチケットの価格はとてもリーズナブルだ。
  3. リーズナブルであると納得してもらうことは大変だ。

「リーズナブル」を使用するのは、議論や価格について何かを述べるときが多いです。「リーズナブルだ」「リーズナブルである」というように使うことが多いです。

「リーズナブル」の語源

「リーズナブル」の語源は英語の reasonable です。カタカナ語と同じく、「妥当である」「適切価格」という意味があります。しかしながら英語の reasonable の方が意味の数がとても多いです。

たとえば「人が理性的である」「分量が結構多い」という意味があります。この辺りをカタカナ語の意味と混同しやすいので注意しましょう。

スポンサードリンク

「リーズナブル」の類義語

「リーズナブル」には以下のような類義語があります。

  • チープ:安い
「チープ 」は「安い」という意味のカタカナ語です。この「安い」という意味にはマイナスなニュアンスがあります。そのため、ただ単に「安い」というのではなく「安っぽい」という意味があるのであまりよい表現として使用されません。

ただし、「値段が安くてラッキー」という意味にもなるので必ずしも悪いニュアンスで使用されるとは限りません。文脈などから適切な意味とニュアンスを見分けるとよいでしょう。実際には「チープだ」「チープな車」という使い方をします。

形容詞や形容動詞のように「だ」「な」を後ろに伴います。

「リーズナブル」の対義語

「リーズナブル」には以下のような対義語があります。

  • ミスマッチ:合わない
「ミスマッチ」は「合わない」という意味のカタカナ語です。「マッチ」という表現を聞いたことがあるでしょう。これは、なにか物事や人に対して、自分と「合っている」という意味のカタカナ語です。「ミス」は「否定」の意味です。

つまり、「マッチしていない」という意味です。そのため「合わない」という解釈になります。

「リーズナブル」は「妥当な」という意味ですので、「条件などが自分に合っている」という意味になります。その逆で「条件などが自分にあってない」という意味で「ミスマッチ」を使用することができます。

「ミスマッチ」は仕事や人間関係などに対して使用することが多い単語です。たとえば、「給与が自分とミスマッチだ」「同僚とミスマッチな関係」というように使用します。特によく使用するのが恋人関係です。

「彼氏とミスマッチだった」という使い方を良くするので、この例文ごと覚えておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「リーズナブル」について解説しました。

英語表記 リーズナブル(reasonable)
意味 理にかなった
語源 英語の “reasonable”
類義語 チープなど
対義語 ミスマッチなど

「リーズナブル」はちょっと難しい単語です。日本語で「理にかなった」といえば意味が分かりやすいですが、カタカナ語になると分かりにくいですよね。「理由」という意味の「リーズン」から類推することも難しいです。そのため、「リーズナブル」をそのまま覚えてしまうのも1つの方法です。

ぜひこの記事で「リーズナブル」の意味や使い方を理解して、実際の生活でも役立てるようにしましょう。

スポンサードリンク