「稀有(けう)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は熟語の「稀有(けう)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「稀有」の意味をスッキリ理解!

稀有:滅多に起きない、珍しいこと・不思議なこと

「稀有」の意味を詳しく

稀有とは、通常では起こりえない珍しいこと、または不思議なことを指します。一般的に、不思議な事柄よりも滅多にない事柄について使われることが多いです。

また、稀有は良い意味で珍しい事柄に対して使われます。そして、人や物、ことなど様々なものを対象に「稀有」と表現することができます。

稀有の「稀」は常用漢字ではないため、希有と表す場合もあります。意味や使い方に違いはありません。また、「きゆう」や「きう」と読まれることがありますが、誤読なので気をつけるようにしましょう。

混同されがち!「稀有」と「杞憂」の違い

稀有を「きゆう」と誤読し、杞憂(きゆう)の意味と混同してしまうことがあります。

杞憂とは、先のことをあれこれ心配してしまうことや、取り越し苦労のことです。よくある使われ方に「杞憂に終わってよかった」があります。これは、あれこれと心配したことが起こらず、一安心した様子を表します。

スポンサードリンク

「稀有」の使い方

  1. 彼の稀有な才能は何事にも代えがたい。
  2. 生き別れの兄弟に出くわすという稀有に、彼女は泣いて喜んだ。
  3. 何の変哲もない農村から、稀有な遺跡が発掘され、歴史の謎が解明された。

「稀有」の類義語

「稀有」には以下の類義語があります。

  • 稀少・希少:数が少なくて、まれなこと
  • 稀(まれ):滅多にないこと
  • 非凡:普通よりもすぐれていること

稀有と稀は全く同じ意味を持ちます。ただ、文法に違いがあります。稀有は名詞や形容動詞として使われますが、稀は形容動詞としてのみ使われます。

スポンサードリンク

「稀有」の対義語

「稀有」には以下の対義語があります。

  • 人並み:生活や能力などの水準が一般の人と同じ程度であること
  • ありきたり:珍しくなく、ありふれていること
  • 凡庸(ぼんよう):取り柄もなく、平凡であること
  • ざら:世の中にたくさんあって珍しくないこと

「稀有」の英語訳

「稀有」を英語に訳すと以下のような表現になります。

  • not common / uncommon
    (一般的ではない)
  • rare
    (レア・滅多にない)
  • unusual
    (普通ではない)
  • unique
    (ユニーク・唯一の)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「稀有」について解説しました。

読み方 稀有(けう)
意味 滅多に起きない、珍しいこと・不思議なこと
類義語 非凡、稀少など
対義語 人並み、ありきたりなど
英語訳 rare(レア・滅多にない)など

事実は小説より奇なりの言葉通り、私たちの身の周りには不思議なことや珍しいことがたくさん潜んでいると思います。今の生活にもう少し目を凝らすと、「稀有」なことが見つかるかもしれません。

スポンサードリンク