「クオリティ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「クオリティ」です。

「クオリティ」の意味・使い方・語源・類義語・対義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「クオリティ」とは?

クオリティ(quality):品質

「クオリティ」の意味を詳しく

「クオリティ」は「品質」「性質」という意味のカタカナ語です。特に工場で生産された製品の品質や何かサービス業の品質について表します。

スポンサードリンク

「クオリティ」の使い方

  1. 日本の技術のクオリティはとても高い。
  2. ディズニーが低供する「夢の空間」はとても高いクオリティだ。
  3. ミスコンのクオリティがとても高い。

「クオリティ」を使用するのは、とても幅広い場面です。日常の生活で「品質」について言及するときには「クオリティ」を使用することができます。例えば「品質が高い」と言いたいとき、「クオリティがある」と言えばよいです。

名詞ですが「クオリティする」とは言わないので注意するようにしましょう。

「クオリティ」の語源

「クオリティ」の語源は英語の “quality” です。「質」「品質」という意味があります。「物や人の特性や特色」を意味するときもあります。

形容詞として使用される場合に「高品質の」という意味になります。カタカナ語と用法や意味は似ているので、混同する必要なく使用できます。

スポンサードリンク

「クオリティ」の類義語

「クオリティ」には以下のような類義語があります。

  • グレード:等級
  • センス:感性
「グレード」は「等級」という意味のカタカナ語です。「等級が高い」と言いたいときには「ハイグレード」と言います。「グレード」を使ったフレーズには、「グレードアップ」「グレード制」などがあります。

「グレードアップ」は、「等級が上がる」という意味です。「グレード制」は、「等級制である」という意味です。

「グレード」はマンションなどを表すときに使用できます。例えば「ハイグレードマンション」です。他には車などについて「ハイグレードモデル」と言うこともあります。

「センス」は「感性」という意味のカタカナ語です。「センス」のみで使用する場合、「感性」という意味になります。しかし「ハイセンス」と表すと、「クオリティ」と同じように「質が高い」と同じような意味になります。

 

「クオリティ」は物について使用することが一般的ですが「センス」はファッションのコーディネートなどに使用する場合が多いです。「ハイセンスなファッション」というように使います。

「センスがある」というフレーズを聞いたことがあるでしょう。この場合は「感性」の意味ではなく、「才能」という意味に近いです。

「クオリティ」の対義語

「クオリティ」には以下のような対義語があります。

  • クオンティティ:量

「クオンティティ」は「量」という意味のカタカナ語です。「クオリティ」と意味は全く異なっていますが、非常に関連が深い単語です。そのためよくセットで使用されます。例えば「量より質」というフレーズがあります。この両者はよく引き合いに出されるのです。

また、ビジネスや商業でも使用することが多いです。例えば取引量がどれくらいなのか説明するときに「クオンティティ」を使用すると、より正式でフォーマルな印象を作ることができます。「量」を「個数」と表現するより、正式なのです。

例えば、「取引量のクオンティティを書類に明記する」というように使用します。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「クオリティ」について解説しました。

英語表記 クオリティ(quality)
意味 品質
語源 英語の “quality”
類義語 グレード、センスなど
対義語 クオンティティなど

「クオリティ」は日常の生活でも使用頻度が高い単語です。特にメーカーで勤務している場合、「クオリティ」を意識した製品作りをしなければならないので、重要な概念です。

ぜひこの記事で「クオリティ」の意味や使い方を理解して日常の生活でも使用できるようになりましょう。

スポンサードリンク