「クオリア」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「クオリア(qualia)」です。

「クオリア」の意味や使い方、語源、類義語、感じ方の違いの具体例についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「クオリア」とは?

クオリア(qualia):主観的に体験される様々な感覚

「クオリア」の意味を詳しく

「クオリア」とは、主観的に体験される様々な感覚のことです。

別の言葉で言い換えると「感覚的・主観的な経験にもとづく独特の質感」のことです。日本語では「感覚質」と訳されます。

 

要するに、「クオリア」とは言葉にできない「感じ」のことです。「好きな人と会った時の、あのドキドキする感じ」「きれいに晴れた空の、あの青い感じ」「こたつに入ったときの暖かい感じ」などの五感や心で感じる感覚のことです。

これらはすべて主観的な感覚で、人によって感じ方が変わります。

「空の青は、誰が見ても青いだろう」と思う方もいるでしょう。しかし、「自分が見ている空の青さと、他人が見ている空の青さが同じものだ」と証明することはできません。もしかしたら、自分にとっての赤が、他人にとっての青かもしれないのです。

そのような個々人の「感じ方」のことを「クオリア」というのです。

 

「クオリア」は、すべて脳の中で生み出されるものです。例えば、人はイチゴを見た時に「イチゴの赤さ」を感じます。

目に入った光が、網膜(もうまく)から神経を通り、脳まで電気信号で送られ、この信号を脳が受け取ったときに「イチゴの赤さ」を感じるのです。この時に感じる「イチゴの赤さ」が「クオリア」です。

スポンサードリンク

「クオリア」の使い方

  1. 著名な哲学者がクオリアについて議論している。
  2. クオリアは昔から脳の研究の重要なテーマだった。
  3. 所詮、クリオアとは私たちの認識の問題に過ぎない。
  4. 私の兄は、大学院でクリオアについて研究しています。

「クオリア」の語源

「クオリア」の語源はイタリア語の “qualia” です。

“qualia” は、 “quale” という名詞の複数形です。 “quale” は、「特質・事物とは独立して存在する、普遍的な本質」という意味の英単語です。また、 “quale” は「クアリ」や「クエール」のように発音します。

スポンサードリンク

「クオリア」の類義語

「クオリア」には以下のような類義語があります。

  • 感覚質
  • 質感
  • イメージ
  • 感触

感じ方の違いの具体例

人による五感の違いを実際に体感することはできません。しかし、具体例によってそのイメージを掴むことはできるでしょう。

例えば、日本語を母国語にしている人にとっては、英語の “L” と “R” の発音の違いを区別することが難しいです。英語の “L” と “R” の発音は、非常に似ています。

特に、日本語には英語の “R” の発音が存在しません。そのため、日本語を母国語にしている人では、 “L” と “R” が同じ音に聞こえる人が多いのです。

これは、日本人にとって “L” “R” の「クオリア」が一緒であるということです。

 

また、鶏(にわとり)の鳴き声を日本語では「コケコッコー」と言います。しかし、英語では「クックアドゥールドゥ」、ロシア語では「クカレクー」と言います。さらに、ドイツ語では「キッキレキ」と言うのです。

このように、鶏の鳴き声の表現は、国によって全く異なります。

これは、鶏の鳴き声の「クオリア」がそれぞれの国によって異なっているために起こるのです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「クオリア」について解説しました。

英語表記 クオリア(アルファベット)
意味 主観的に体験される様々な感覚
語源 「特質」の意味のイタリア語 “qualia” の複数形
類義語 質感、感触、イメージ、感覚質
感じ方の違いの具体例 “L” と “R” の聞き分けや鶏の鳴き声

「クオリア」は「感覚」のことなので、定義を理解することは少し難しいでしょう。

自分の実体験に照らし合わせて理解しておきましょう。

スポンサードリンク