「純粋(じゅんすい)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「純粋(じゅんすい)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「純粋」の意味をスッキリ理解!

純粋(じゅんすい):混じりけがないさま

「純粋」の意味を詳しく

「純粋」とは、混じりけがないさまを指します。「純粋」は、物だけでなく、精神などの形のないものに対しても用いられる言葉です。

物に対して使う場合、例えば「純粋な水」という表現があります。これは、水以外の物質が含まれていない水のことです。また、精神的な意味で「純粋」を用いる例としては「純粋な心」という表現が挙げられます。これは、邪念などが一切ない清らかな心のことを指します。

さらに、「純粋」はひたむきに何かに取り組むさまも指します。この意味では、「純粋に学問を究めたい」という使い方が一例として挙げられます。この例では、学問を究めようとする一途な心の在り方を「純粋」と表現しています。

学問的な意味での「純粋」

「純粋」には、学問的な意味での用法が二つあります。一つ目は、応用の仕方を考えずに理論のみを追及する姿勢を指す使い方です。

例えば、「純粋数学」という表現があります。これは、得た知識を他分野に応用することを意識しない数学の分野のことを指します。反対に、他分野への応用を考えて数学を突き詰めていく学問分野は応用数学と言います。

 

学問的な意味で「純粋」を用いる二つ目の例は哲学的な用法です。哲学分野における「純粋」は、外的な要素を含まず、内的に完結している様を表します。

例えば、「純粋理性」という哲学用語があります。これは、経験から得られるものとは独立した先天的な能力のことを指します。この場合、外の環境に触れることを指す「経験」が外的な要素であり、元々自分の中に備わっている力である「先天的な能力」が内的な要素に当たります。

スポンサードリンク

「純粋」の使い方

  1. 私は純粋な日本人である。
  2. 彼には人に良く思われようという打算がなく、常に純粋な気持ちで物事に取り組んでいる。
  3. 私が勉強好きなのは別に凄いことではなく、純粋に色々なことを知りたいだけなのだ。

➊の例文では、別の国の血が混じっていないという意味で「純粋」が用いられています。➋の例文では、人から良く思われようという下心が一切ない清らかな気持ちを「純粋」と表現しています。

➌の例文では、色々なことを知るということに対してひたむきな私の姿勢が「純粋」と表されています。

「純粋」の語源

「純粋」は、混じりけがないという意味を持つそれぞれの漢字が合わさって出来た熟語です。

まず、「純」の成り立ちについて解説します。「純」のつくりである「屯」には、一か所に集まるという意味があります。訓読みの「屯(たむろ)する」という言葉は、大勢の人が一つの場所に集まることを指しています。

したがって、「純」とは糸が一か所に集められている状態、つまりは加工前の糸が蓄えられている状態を指しているのです。その状態にある糸は全て何も手を加えられていないことから、「純」には混じりけがないという意味が備わりました。

 

次に、「粋」の成り立ちについて解説します。「粋」のつくりである「卆」は「卒」という字の略字です。「卒」には、「卒業」という言葉に表れているように、何かが終わるという意味があります。

つまり、「粋」は米が完全に精米された最後の状態を指しています。そこから、「純」と同様に「粋」にも混じりけがないという意味が備わったのです。

スポンサードリンク

「純粋」の類義語

純粋には以下のような類義語があります。

  • 純真:心が清らかなこと
  • 無垢(むく):うぶで混じりけのないこと
  • 純然:混じりけがなく、また正しくそれにに違いないこと
  • 生粋(きっすい):混じりけが一切ないこと
  • 一途(いちず):他には目もくれず、ひたむきに取り組むこと

「純粋」の対義語

純粋には以下のような対義語があります。

  • 不純:混じりけがあるさま
スポンサードリンク

「純粋」の英語訳

純粋を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • pure(purely)
    (純粋な(純粋に))
  • genuine
    (純種の)

まとめ

以上、この記事では「純粋」について解説しました。

読み方 純粋(じゅんすい)
意味 混じりけのないさま
語源 混じりけがないという意味を持つ「純」と「粋」の組み合わせ
類義語 純真、無垢、純然など
対義語 不純
英語訳 pure(purely),genuine

「純粋」は、「純」と「粋」のそれぞれの成り立ちを押さえておくと意味を理解しやすいでしょう。是非、意味や使い方等を覚えてみてくださいね。

スポンサードリンク