「プロポーション」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉はカタカナ語の「プロポーション」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「プロポーション」の意味をスッキリ理解!

プロポーション(proportion):釣り合いや割合のこと

「プロポーション」の意味を詳しく

プロポーションとは、釣り合いや比率のことを指します。具体的には、部分同士や全体と部分などのバランスのことです。特に芸術や建築で用いられることの多い語句です。

最近では、スタイルの良い人を表す際に、プロポーションが良いと表すことがあります。しかし、スタイルが良いことと、プロポーションが良いことは同じではありません。

プロポーションが良いとは、体のバランスが良いことを指すのに対して、スタイルが良いとは、判断基準がなく個人の主観に委ねられるからです。

プロポーションは芸術や建築など色々な業界で使われる言葉ですが、その業界によって意味が少し異なります。ここでは三つの使われ方を紹介します。

芸術

まず、芸術用語としての使われ方です。美術で人物や物体を描くときの配置や比率、分割を表すときに使われます。絵の良し悪しがプロポーションで決まることもあるので、作品によっては分割や比率の緻密な計算が行われています。

例えば、黄金比という自然界でも見られる、数学的で美しい比率はデザインやレイアウトによく用いられます。

建築

次に、建築用語としての使われ方です。芸術では平面的な比率を表すときに使われますが、建築物は三次元なので、空間や間取りの比率を表すときに使われます。しかし、ただ単に間取りのプロポーションが取れていれば良いというわけではありません。

その建物の使用用途に合わせて、天井を高くしたり、広場を作ったりなど空間を上手く使えていれば、良いプロポーションの建築物だと言えます。

宝石・鉱物

最後に、宝石や鉱物に対する使われ方です。宝石のカットをする際の相対比率や角度を表すときに使われます。カットの種類によって、各部の比率や角度を異なります。

特にダイヤモンドは、カットによって光の反射量に影響が出るので、プロポーションの科学的な分析が行われています。

スポンサードリンク

「プロポーション」の使い方

  1. あの女優のように、抜群のプロポーションになりたい。
  2. ロゴデザインのプロポーションについて綿密に考える。
  3. 顔のパーツのプロポーションを意識して似顔絵を描く。
  4. 理想のマイホームは、家族団らんのできる良いプロポーションの家だ。
  5. プロポーションの良いカットは、未だ科学的に証明されていない。

「プロポーション」の語源

プロポーションの語源は、ラテン語の “proportionem” と “pro portione” だと言われています。 “proportionem” の意味は、相対的な関係や類似です。 “pro portione” の意味は、部分の関係と調和です。

スポンサードリンク

「プロポーション」の類義語

「プロポーション」には以下の類義語があります。

  • 釣り合い:二つ以上のものの大きさなどが同程度であること
  • バランス:釣り合い、均衡のこと
  • 割合:基準に対するある量の比を表す値のこと
  • 調和:全体の釣り合いが取れていて、まとまりのあること
  • 均整:全体として、ととのっていること

プロポーションととてもよく似た言葉に、バランスがあります。バランスが数値化できない調和を表すのに対して、プロポーションは比率を意味するように数値化できるところが違いです。

「プロポーション」の対義語

「プロポーション」には以下の対義語があります。

  • 偏り:中心や標準から外れて、一方に寄ること
  • アシンメトリー:左右非対称のこと
  • 不調和:釣り合いの取れないこと
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「プロポーション」について解説しました。

読み方 プロポーション(proportion)
意味 釣り合いや割合のこと
語源 ラテン語の “proportionem” と “pro portione”
類義語 釣り合いやバランスなど
対義語 偏り、不調和など

身の回りのものの「プロポーション」を意識したことがありますか。椅子やペットボトルの形など、私たちが使いやすいようにプロポーションが考えられ、製造されているものはたくさんあります。

使いやすいことが当たり前にあっている人も多いので、このような点にも目を向けられるといいですね。

スポンサードリンク