実は違う!「価格」と「値段」と「料金」の違いを解説

違いのギモン

物は、「価格」「値段」「料金」などの数値によって、価値が表されます。みなさんもこれらの数値を、買い物の時には必ず目にするでしょう。

しかし、みなさんは、「価格」「値段」「料金」という言葉を具体的に使い分けていますか。

どれも馴染みのある言葉だと思いますが、違いを明確に説明するのは難しいですよね。

この記事では、「価格」「値段」「料金」の違いをご紹介します。

スポンサードリンク

結論:違いは、品物かサービスか

「価格」とは、品物の値打ちのことです。「値段」よりも文語的な表現です。

「値段」とは、品物の値打ちのことです。「価格」よりも口語的な表現です。

「料金」とは、サービスの値打ちのことです。

「価格」をもっと詳しく

「価格」とは、売買を前提とした、品物の値打ちのことです。書面で文章にする時などに使われます。

価格の「価」は、物の値打ちを表す漢字です。価格の「格」は、物の基準や程度を表す漢字です。つまり、物の値打ちをお金という基準で表したものが、「価格」なのです。

以下は、「価格」が含まれている言葉の例です。

  • 価格
  • 価格
  • 価格
  • 希望価格
  • 価格競争
  • 価格
ちなみに、「価格」は、英語で “price” “cost” “value”です。

スポンサードリンク

「値段」をもっと詳しく

「値段」とは、売買を前提とした、品物の値打ちのことです。普段の会話の中など、カジュアルな場面で使われます。「値段」が持つ意味は、「価値」の意味と同じです。

例えば、ある商品について、業者から仕入れた金額を伝える時、会話では「◯◯の値段が〇〇だったよ」などと言いますが、書面では、「価格〇〇円」などと表記します。

以下は、「値段」を示す、「値」が含まれている言葉の例です。

  • 最高
  • 割引
ちなみに、「値段」は、英語で “price” “cost”です。また、「値段」は「直値(ちょくち)」と記載される場合もあります。

「料金」をもっと詳しく

「料金」とは、サービスの値打ちのことです。価格や値段の意味に加え、課金のニュアンスがあります。物につく値段ではなく、宅配便や手数料などの、「他人が提供してくれた行為」について支払うお金です。

以下は、「料金」が含まれている言葉の例です。

  • 道路料金
  • 携帯料金
  • 電気料金
ちなみに、「料金」は、英語で “price” “charge” “fee” “fare”です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「価格」「値段」「料金」の違いについて解説しました。

  • 価格:「品物の値打ち」を意味する文語的な表現
  • 値段:「品物の値打ち」を意味する口語的な表現
  • 料金:サービスの値打ち

違いを実際に体感してみたくなった人は、NHKのニュースを注意深く聞いてみてください。明確に使い分けられているので、面白いかもしれません。

スポンサードリンク