「プレタポルテ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「プレタポルテ」です。

「プレタポルテ」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「プレタポルテ」とは?

プレタポルテ(pret-a-porter):高級な既製服

「プレタポルテ」の意味を詳しく

「プレタポルテ」とは、高級な既製服のことです。本来は、フランス語で既製服の意味を持ちます。一般的には、既製服の中でも比較的品質が優れた高級品を指します。

「プレタポルテ」の始まりは、「オートクチュール」のデザインを消費者に向けた大量生産をするため、既製服メーカーで生産したことです。シーズンごとに新作の展示会を行い、流行の動きに大きな影響を与えています。

特に、1970 年代に「オートクチュール」の影響力が下がってから、「プレタポルテ」の影響力は増すようになりました。

元々、フランスでは既製服という意味で「コンフェクション」と呼ばれていました。しかし、質の悪い安価な服という意味も含まれていたため、代わりに「プレタポルテ」の言葉が発案されました。その後、「プレタポルテ」は一般的な言葉として世界中で使用されるようになりました。

オートクチュール

オートクチュールとは、顧客の注文に合わせて仕立てられるオーダーメイドの服です。特に、高級服やその店のことをオートクチュールと言います。ファッションの大衆化により、オートクチュールの需要は減っていきました。代わりに需要が増したのが、プレタポルテです。

ちなみに、 “haute” (オート)は「高級」、 “couture” (クチュール)は「仕立て服」を指します。どちらもフランス語です。

スポンサードリンク

「プレタポルテ」の使い方

「プレタポルテ」を用いた例文を紹介します。

  1. プレタポルテのブランドが流行をつくっている。
  2. プレタポルテの中でも、私はグッチが好きだ。

「プレタポルテ」のブランド

「プレタポルテ」と呼ばれるブランドの例を挙げてみます。

  • グッチ
  • シャネル
  • エルメス
  • プラダ
  • ルイ・ヴィトン

これらは、代表的な「プレタポルテ」のブランドです。パリコレやミラノコレクションなどの、高級既製服展示会に服を出品しています。

「プレタポルテ」の語源

「プレタポルテ」の語源はフランス語の “pret-a-porter” です。

この時、 “pret” は「用意が出来ている」、 “porter” は「着る」という意味です。そして、 “pret-a-porter” はそのまま着られるという意味になります。

英語では “ready to wear” や、 “ready to carry” と訳されます。

スポンサードリンク

「プレタポルテ」の類義語

「プレタポルテ」には以下のような類義語があります。

  • 既製服
  • 高級洋装店

まとめ

以上、この記事では「プレタポルテ」について解説しました。

英語表記 プレタポル(pret-a-porter)
意味 高級な既製服
語源 フランス語の “pret-a-porter” より
類義語 既製服、高級洋装店

誰もが憧れる「プレタポルテ」の意味や使い方を解説しました。「プレタポルテ」は服装の流行を作り出していて、私達も知らない間に影響を受けています。生活に根付いている言葉ですので、ぜひ覚えましょう!

スポンサードリンク