「パワーランチ」の意味と使い方を例文つきでわかりやすく解説

言葉

ご紹介する言葉は、カタカナ語の「パワーランチ」です。

「パワーランチ」の意味、使い方、語源、類義語、メリットとデメリットについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「パワーランチ」とは?

パワーランチ(power lunch):職場で会議を兼ねたお昼ごはん

「パワーランチ」の意味を詳しく

「パワーランチ」とは、ビジネスに関するミーティングを兼ねた昼食です。

「力」を意味する「パワー」と「昼食」を意味する「ランチ」を組み合わせた造語です。「影響力を増すように計算された食事」とも意味づけされています。

「パワーランチ」では、昼食中にビジネスに関する話題が交わされます。そのため、職場の同僚や先輩とのおしゃべりが交わされる通常のランチと異なります。現在では、重要な課題が話し合われる場所となっています。

スポンサードリンク

「パワーランチ」の使い方

「パワーランチ」を用いた例文を紹介します。

  1. パワーランチは短い時間でも充実感がある。
  2. 人間は食事をすると機嫌がよく、パワーランチは常に和やかだ。
  3. 社外の人を招いたパワーランチはとても勉強になった。

「パワーランチ」の語源

「パワーランチ」はアメリカのシリコンバレーで生まれた造語です。

ちなみに、 “power” の語源はラテン語の “posse” です。「~ができる。」を意味します。 “lunch” の語源は英語の “lunchentach” です。これは 1823 年から英国で使用されていて、「食事」という意味です。

「パワーランチ」の始まりは、起業家が会社を立ち上げた際に、投資家から資金を集めるために食事に招き、プレゼンテーションをしたことだとされています。

スポンサードリンク

「パワーランチ」の類義語

「パワーランチ」には以下のような類義語があります。

  • ビジネスランチ
  • 昼食会
  • 社内ミーティング
  • ワーキングランチ

「パワーランチ」のメリットとデメリット

「パワーランチ」のメリット

「パワーランチ」のメリットを挙げます。

  • 時間の有効活用ができる
  • 短く話しを済ませることができる
  • 一緒に食事をすることで人とのつながりを持てる
  • 集中できる

忙しい社会人にとって、食事をとるだけの昼休みを有効に使えることが最大のメリットです。短時間でミーティングを行うことが可能になり、効率的です。

また、社外の人を呼んで昼食をとる「パワーランチ」もあります。人脈を広げ、良いビジネスパートナーを見つけるきっかけにもなります。

仕事終わりや飲み会で行うミーティングと比較しても、「パワーランチ」では集中力の保たれた質の高い会議が行えるそうです。

「パワーランチ」のデメリット

次に、「パワーランチ」のデメリットを挙げます。

  • 個人の時間が制限される
  • 気が抜けない

「パワーランチ」では、強制的にお昼の時間が仕事となります。人によっては、お昼を一人で過ごしたり仮眠を取りたい方もいます。そのような方にとって「パワーランチ」は苦痛の一時となるでしょう。

「パワーランチ」は個々の過ごし方に制限をかけるデメリットがあります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「パワーランチ」について解説しました。

英語表記パワーランチ(power lunch)
意味会議を兼ねた昼食会
語源アメリカで生まれた造語
類義語ビジネスランチ、ワーキングランチなど

ビジネスの場で活用されている「パワーランチ」を紹介しました。最近では、安倍首相とトランプ大統領も「パワーランチ」を行ったと話題になりました。記事にも書いた通り、「パワーランチ」には多くのメリットがあります。忙しい社会人にはぴったりな時間の使い方ですね。

スポンサードリンク