「パワーワード」の意味って何?使い方などをわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「パワーワード」です。この言葉は、意味する内容が徐々に移り変わっている言葉であるため、由来から押さえるとよいでしょう。

以下では、「パワーワード」の意味・使い方・由来・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「パワーワード」の意味をスッキリ理解!

パワーワード:力のある言葉、インパクトのある表現や単語

「パワーワード」の意味を詳しく

「パワーワード」とは、その名前の通り、「力のある言葉」のことです。みなさんは会話の中や文章を読んでいて、思わず惹きつけられた表現やフレーズはないでしょうか。

たとえば、普通の人の常識では朝起きたら「おはよう」というのが一般的です。それで、とある人が「生きててよかった」といったら、みんなびっくりしてしまうのではないでしょうか。強烈な印象を受けて、「えっ」と思われて注意を引き付けるような言葉が「パワーワード」です。

スポンサードリンク

「パワーワード」の使い方

  1. パワーワードが会話の中で何度も飛び出した。
  2. 彼の言っている言葉の中に光るパワーワードがあった。
  3. この文章では「愛している」というのがパワーワードだ。

「パワーワード」を使用するのは、何か文章やフレーズについて言及する時です。特に難しい使い方はしないのですが、「だ」「である」と一緒に使うことが多いです。

全ての例文は文章について述べています。③だけが具体的なキーワードを使っています。ちなみに、誰も見たことがない奇抜な言葉ではなく、自分が魅力的だと思えば、ポジティブ、ネガティブに関わらず「パワーワード」と言います。

「パワーワード」の由来

「パワーワード」という言葉の起源は正確にはわかっていません。

ただ、ゲームの中から生まれたのではないかとされています。 『ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)』というRPGゲームにて、呪文という意味で「パワーワード」が使われています。

呪文が他者に影響を与えるものであることからわかるように、「パワーワード」はもともと、他者に影響を与えるような力を持つ言葉という意味でした。そのため、ある時は自分を奮い立たせるための自己啓発用語として、ある時は大衆に訴えかける政治用語として使用されていました。

 

しかし、2012年、『ニンジャスレイヤー』という小説にて、表面的にインパクトのある言葉という意味で「パワーワード」が使用されました。

そこから、ネット上では「見聞きした時に印象に残る言葉」という意味として「パワーワード」が使われるようになり、言葉そのものが内的に力を持っているというニュアンスは薄れていきました

スポンサードリンク

「パワーワード」の類義語

「パワーワード」には以下のような類義語があります。

  • パンチライン:印象的な部分

「パンチライン」というのは「印象的な部分」という意味です。英語では punchline と書きますが、本来の意味は「ジョークなどのオチ」です。これが日本に入ってきてから「印象的な部分」というい意味で使われるようになりました。その背景にはヒップホップの文化があります。

なぜなら、日本のヒップホップでは「印象に残った部分」のことを「パンチライン」と言うからです。

まとめ

以上、この記事では「パワーワード」について解説しました。

読み方パワーワード
意味力のある言葉、インパクトのある表現や単語
由来不正確だが、Twitterかゲームが濃厚
類義語パンチラインなど

今回は「パワーワード」というネット用語についてご紹介しました。日頃何気なく使っている単語がネット用語と気づかない時もあります。

やっぱり、ネットの用語であっても言葉の語源をしっかりと知って正しく使うのは大切です。ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク