実は違う?「ポカリスエット」と「アクエリアス」の違い

違いのギモン

「ポカリスエット」と「アクエリアス」はどちらも誰もが知っている有名なスポーツドリンクですが、その違いを知っていますか?

この記事では「ポカリスエット」と「アクエリアス」の違いと、いつどちらを選ぶべきなのかについてわかりやすく説明していきます。

スポンサードリンク

結論:「ポカリスエット」は風邪の時に、「アクエリアス」は運動した後に。

「ポカリスエット」と「アクエリアス」は実は成分が微妙に異なり、それによって飲むのに適した場面も異なります。

「ポカリスエット」は体調不良の時の水分補給に適しています。

一方で、「アクエリアス」は運動時の水分補給により適しています。

「ポカリスエット」をもっと詳しく


ポカリスエットは体調不良時の水分補給に適していますが、その理由はナトリウムと炭水化物の量にあります。

アクエリアスよりもポカリスエットの方が多くナトリウムと炭水化物が多く含まれているため、食欲がない時も人の体に必要な栄養素を多く摂取できます

また、ポカリスエットは生理食塩水や人間の体液に近く、効率よく水分を補給することができます。

ポカリスエットが開発される時のコンセプトは「飲む点滴」だったことからもわかるように、風邪や熱の時の水分補給を目的に作られています。

ポカリスエット100mlあたりの栄養成分は以下の表の通りです。

エネルギー27kcal
炭水化物6.7g
ナトリウム49mg
カリウム20mg
カルシウム2mg
マグネシウム0.6mg

また、主な原材料は
砂糖、ブドウ糖果糖液糖、果汁、食塩、酸味料、調味料(アミノ酸)などです。

スポンサードリンク

「アクエリアス」をもっと詳しく


アクエリアスは運動時の水分補給により適していますが、その理由はアクエリアスにはアミノ酸やクエン酸が含まれているからです。

これらは有機酸と呼ばれ、疲労回復などに効果があり、人間のエネルギーとなるものです。

アクエリアスに含まれている主なアミノ酸は、アルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシンの 4 種類です。

これらは体力の向上や筋肉の増強の助けになるため、アクエリアスには疲労回復や成長を促す効果があります
アクエリアス 100ml あたりの栄養成分は以下の表の通りです。

エネルギー19kcal
炭水化物4.7g
ナトリウム34mg
カリウム8mg
カルシウム0.8mg
マグネシウム1.2mg

また、アクエリアスに含まれる主な原材料は高果糖液糖、トレハロース、はちみつ、ローヤルゼリー、海藻エキス、クエン酸、アルギニン、アミノ酸などです。

まとめ

以上、この記事では、「ポカリスエット」と「アクエリアス」の違いについて解説しました。

  • ポカリスエット:体調不良時の水分補給に適している
  • アクエリアス:運動時の水分補給に適している

状況に合わせて効果的に飲むようにしましょう。

スポンサードリンク