「パーソナル」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「パーソナル」です。

「パーソナル」の意味、「パーソナル」が付く言葉、使い方、語源、類義語、対義語についてわかりやすく解説します。

「パーソナル」の意味をスッキリ理解!

パーソナル(personal):個人に関するさまを表す形容詞

「パーソナル」の意味を詳しく

「パーソナル」とは、個人に関するさまを表す形容詞です。

「個人用」「私用」という意味で使われます。また、名詞の前について「個人的な」「個人に関する」「小型で手軽な」という意味でも使われます。

大人数が使用するものは大型で移動させられないものが多いですが、個人用のものは手軽で小型なものである必要があるため、「小型な」「手軽な」という意味があると考えられます。

「パーソナル」が付く言葉

「パーソナル」が付く言葉には、以下のようなものがあります。

  • パーソナルコンピューター
  • パーソナルスペース
  • パーソナルトレーニング
  • パーソナルカラー

それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

「パーソナルコンピューター」の意味

私たちが使う「PC」や「パソコン」とは、「パーソナルコンピューター」の略です。「個人によって占有されて使用されるコンピューター」のことです。

もともと「コンピューター」とは、「スーパーコンピューター」などの大規模で高速な計算を行うために使われていたものを指す言葉でした。

価格が非常に高く、サイズも大きかったため個人が所有することはとてもできませんでした。そのため、企業や団体が所有するものでした。

その後、サイズを小さくし、価格も下げて個人が所有できるようにしたコンピューターが販売され、初期の「コンピューター」と対比して「パーソナルコンピューター」と呼ばれるようになりました。

「パーソナルスペース」の意味

「パーソナルスペース」とは、「他者が自分に近づくことを許せる限界の範囲」のことです。

「個人がそれぞれ所有しているスペース」という意味から「パーソナルスペース」と呼ばれています。

「パーソナルスペース」は人によって全く異なっており、男女や社会文化によっても違いがあります。

「パーソナルトレーニング」の意味

「パーソナルトレーニング」とは、「マンツーマンの運動指導」のことです。

複数人への全体指導ではなく、トレーナーがそれぞれに合わせた個人的なトレーニング内容を組んで指導してくれます。

「個人的なトレーニング」というそのままの意味ですね。

「パーソナルカラー」の意味

「パーソナルカラー」とは、「人それぞれの目、髪、肌などの色調ともっとも調和して似合う色や配色」のことです。化粧や衣服を選ぶときに重要になります。

人には似合う色と似あわない色があり、それらは個人の肌や髪の色、顔のパーツなどによって決まります。

「個人に似合う色」という意味からそのまま「パーソナルカラー」と呼ばれています。

「パーソナル」の使い方

「パーソナル」には以下のような使い方があります。

  1. 私は人よりもパーソナルスペースが狭い方だ。
  2. 化粧品売り場でパーソナルカラー診断を行った。

「パーソナル」の語源

「パーソナル」の語源は英語の “person” です。

「個人」という意味の英単語 “person” を形容詞化したものが “personal” です。

“personal” の意味は、「個人の」「自分の」などです。

「パーソナル」の類義語

「パーソナル」には以下のような類義語があります。

  • プライベート:私的な・私有の・個人のという意味の形容詞
  • 私用:私事に用いること

「パーソナル」の類義語

「パーソナル」には以下のような類義語があります。

  • ビジネス:事業・会社
  • コモン:共同の・共有のという意味の形容詞
  • 公用:国や公共団体が使用すること

世の中の物は「個人用」と「ビジネス用」という分け方をされるものが多くあります。その点で「ビジネス」という言葉は「パーソナル」の対義語と言うことができます。

まとめ

以上、この記事では「パーソナル」について解説しました。

英語表記パーソナル(personal)
意味個人に関するさまを表す形容詞
語源「個人」という意味の英単語 “person”
類義語プライベート
類義語ビジネス、コモン

「パーソナル」は、さまざまな複合語の中でよく使われる言葉です。語源や意味をしっかりと理解しておきましょう。