ペルソナとは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ペルソナ(persona)」です。

「ペルソナ」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ペルソナ」とは?

ペルソナ(persona):サービスや商品の典型的なユーザー像

「ペルソナ」の意味を詳しく

「ペルソナ」とは、サービスや商品の典型的なユーザー像のことです。

主に、マーケティング活動をする際に「ペルソナ」の設定をします。「ペルソナ」は、非常に具体的に設定します。例えば、年齢、職業、住んでいる地域、性別、人柄、休日の過ごし方、好きな食べ物、嫌いなこと、などです。

 

企業側としては、本当はありとあらゆる顧客を呼び込み、商品やサービスを普及させたいものです。しかし、ものが溢れている現在は、多くの場合、「万人受け」する商品・サービスでは思うように収益を伸ばすことができません。

ペルソナを設定するのは、年齢や職業、その人の生活スタイルによって、本当に必要な商品やサービスが異なるためです。その商品やサービスがどんな人に向けたものなのかを明確にすることで、収益増加につなげることが出来ます。

 

ペルソナは、アラン・クーパーによりソフトウェアの開発手法理論としてまとめられました。

その後、Microsoftのユーザー・リサーチ・マネージャーだったジョン・S. プルーイットによる『ペルソナ戦略――マーケティング、製品開発、デザインを顧客志向にする』が出版されたことで、たちまちマーケティング手法としての注目が集まりました。

今では、マイクロソフト、アマゾン、フェデックス、フォードなどの大企業を始め、商品・サービスを開発する誰もが使う手法になっています。

「ペルソナ」のそもそもの意味

  • 役柄・人柄
  • キリスト教の考え方で、位格・位・格身の「三位一体論」に用いられる概念位格
  •  劇・小説などの登場人物または著者
  • 心理学で、社会人として対応できるような人格
  • 美術で、人体・人体像
  • サービスや商品の典型的なユーザー像
スポンサードリンク

「ペルソナ」の使い方

  1. ペルソナを設定して、ターゲットを明確にしよう。
  2. ペルソナを具体的にすればするほど、その商品をどうやって売ったら良いかがわかる。
  3. ペルソナの認識が曖昧だから、話し合いの方向性が見えなくなってくる。

上の例文のように、マーケティング活動を行う際に使います。

「ペルソナ」の語源

ペルソナの語源はラテン語の “persona” です。

元々、舞台上で俳優が付ける仮面を意味する言葉でした。今では、役柄・人柄などの他に、様々な意味があります。

 

これだけの意味がありますが、一般的には「サービスや商品の象徴的なユーザー像」として使われる場合が多いため、ここでは「サービスや商品の象徴的なユーザー像」について解説しました。

ちなみに、ラテン語 “persona” は、英語 “person” ,ドイツ語 “person” ,フランス語 “personne” の語源になりました。

スポンサードリンク

「ペルソナ」の類義語

ペルソナには以下のような類義語があります。

  • イメージ:心の中に思い浮かべる想像
  • 心象(しんしょう):感覚が心の中で再生したもの
  • 表象(ひょうしょう):現在の瞬間には存在していないものについて心に描く像
  • 写象(しゃしょう):心に浮かんでくる抽象的な考え
  • 心像(しんぞう):現実世界に存在するものではなく、意識的に表れる像

まとめ

以上、この記事では「ペルソナ」について解説しました。

英語表記 ペルソナ(persona)
意味 サービスや商品の典型的なユーザー像
語源 ラテン語の “persona”
類義語 イメージ、心象、表象、写象、心像など

マーケティングに限らず、ビジネスの世界では「ペルソナ」という言葉をよく耳にします。知っておくといつか役に立つかもしれません。

スポンサードリンク