ことわざ「ペンは剣よりも強し」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「ペンは剣よりも強し」です。

言葉の意味、使い方、由来、類義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ペンは剣よりも強し」の意味をスッキリ理解!

ペンは剣よりも強し:文字で書かれた言論や思想などは、武器よりも強い力を持つということ

「ペンは剣よりも強し」の意味を詳しく

「ペンは剣よりも強し」は、文字で書かれた言論や思想などは、武器よりも強い力を持つという意味のことわざです。

ここでは、「ペン」と「剣」はどちらも武器として捉えられています。

「武器よりも強い力」とは、主に世間に対する影響力のことを指します。文字で書かれた言論や思想などは、多くの人に伝え、行動をうながすことができることから、「剣よりも強し」とされています。

スポンサードリンク

「ペンは剣よりも強し」の使い方

  1. ペンは剣よりも強しというように、雑誌や新聞で多くの人が影響を受ける。
  2. ペンは剣よりも強しを信じて、疑惑を晴らすための文章を新聞に掲載した。

「ペンは剣よりも強し」の由来

「ペンは剣よりも強し」は、イギリスで生まれた言葉が日本語に変換された言葉です。

19世紀のイギリスで、小説家・政治家として活動していたエドワード・ブルワー=リットンという人の戯曲(ぎきょく)に、The pen is mighter than the sword. という台詞があります。

劇中では、リシュリーという聖職者が、部下によって暗殺計画を知ります。しかし、彼は聖職者であるため武器を使うことができないのです。そこでの台詞が、「本当に偉大な人間の統治下ではペンは剣よりも強し」でした。

スポンサードリンク

「ペンは剣よりも強し」の類義語

「ペンは剣よりも強し」には以下のような類義語があります。

  • 文は武に勝る:筆の力の方が、剣の力より優れているという意味

「ペンは剣よりも強し」の英語訳

「ペンは剣よりも強し」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • The pen is mighter than the sword.
    (ペンは剣よりも強し)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「ペンは剣よりも強し」について解説しました。

意味 文字で書かれた言論や思想などは、武器よりも強い力を持つということ
由来 エドワード・ブルワー=リットンという人の戯曲の中の台詞の一部が由来
類義語 文は武に勝るなど
英語訳 The pen is mighter than the sword.(ペンは剣よりも強し)

ちなみに、慶應義塾の校章は、ペンを交差させた形で有名です。これは、「ペンは剣よりも強し」をモチーフにしています。

スポンサードリンク