「ペイ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ペイ」です。

「ペイ」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ペイ」とは?

ペイ(pay):支払い

「ペイ」の意味を詳しく

「ペイ」は、「支払い」が主な意味のカタカナ語です。「ペイ」には大きく分けて3つの意味があります。1つ目が「支払いをする行為」です。2つ目の意味は「賃金」「給料」という意味です。3つ目の意味は「採算が取れること」です。

スポンサードリンク

「ペイ」の使い方

  1. このプロジェクトをペイできるようにするには5年の歳月が必要だ。
  2. 会社選びの際には、ペイが良い方に行こうと決めいている。
  3. アップルペイを使用することでお会計がスムーズになった。

「ペイ」はビジネスを中心に日常生活の多くの場面で使用されています。特に一般の消費者にとって「支払い」という意味で使用することが多いです。その場合には「ペイする」「ペイを行う」という使い方をします。

①の例文はビジネスに関する例文です。ここでの「ペイ」は「採算が取れること」という意味です。見分け方としては、この例文のように5年など年月に関する単語が出てくる場合が多いです。ここに注目すると意味を使い分けることができます。

②の例文は就職活動に関する例文です。この「ペイ」は「給料」という意味です。この意味の場合では「ペイ」とともに「良い」「悪い」という単語が使われることが多いです。

③の例文はお会計に関する例文です。「ペイ」は何かサービス名の一部として使われることが多いです。特にお会計を行うときに利用するサービスには、「〜ペイ」とつく場合があります。もちろん意味も「お支払い」という意味です。

 

例文で取り上げたのは「アップルペイ」で、スマホを使ってお金を出さずに決済できるサービスです。そのため「ペイ」がついたサービスは「支払い」に関するサービスだと認識することができます。

その他にも「グーグルペイ」「オリガミペイ」といったサービスがあります。

「ペイ」の語源

「ペイ」の語源は英語の “pay” です。カタカナ語と同じように「支払う」が主な意味です。その他には「注意などを払う」「利益を与える」という意味もあります。英語の場合はこの単語を使ったフレーズがたくさんありますので、覚えておくと役に立ちます。

スポンサードリンク

「ペイ」の類義語

「ペイ」には以下のような類義語があります。

  • サラリー:給料
  • キャッシュ:現金
「サラリー」は「給料」という意味のカタカナ語です。「給料が高い」と言いたい場合には「高いサラリー」「サラリーが良い」と言って表現します。

よく日本語で「会社員」のことを「サラリーマン」と呼びます。この言い方は英語圏ではしません。日本だけの和製英語です。英語で使わないようにしましょう。

また、近年は「サラリーマン」は男性的な表現だとして好まれない傾向があります。そのため、「サラリーマン」というカタカナ語を使用するときには注意を払うべきです。

 

「キャッシュ」は「現金」という意味のカタカナ語です。「キャッシュカード」といった使い方もします。こちらは直訳すると、「現金を引き出すためのカード」です。

「ペイ」と合わせて使用されることも多いです。その一例には「キャッシュレスペイ」があります。「キャッシュレスペイ」とは、「現金を使わずに決済する」ということです。「キャッシュ」と「ペイ」は非常に関連が深い単語です。

まとめ

以上、この記事では「ペイ」について解説しました。

英語表記 ペイ(pay)
意味 支払い
語源 英語の “pay”
類義語 サラリー、キャッシュなど

「ペイ」は生活に密着する単語です。知らず知らずのうちに使っている単語でもあります。レジでの支払いのときでも、「ペイ」に関するサービスを使っていることもあります。

ぜひこの記事で「ペイ」の意味や使い方を確認して実際の生活でも使用できるようになりましょう。

スポンサードリンク