一分で復習!「パスタ」と「スパゲティ」の違い

違いのギモン

「パスタ」と「スパゲティ」。どちらも言わずと知れたイタリア料理です。スーパーやレストランで目にすることも多いのではないのでしょうか。

しかし、「パスタ」と「スパゲティ」の違いはどこにあるのでしょうか。今回は両者の違いを明快に説明していきます。イタリア旅行や高級イタリアンのディナーデートを控えている人は必見です。

スポンサードリンク

結論:スパゲティはパスタの一部

パスタは小麦粉を原料とする、イタリア発祥の食材の一つです。一方スパゲッティはパスタの中で細長い種類の中の、太さ1.9mm前後の麺類です。

パスタ


パスタは小麦粉を原料とする、イタリア発祥の食材の一つです。その種類は全部で500種類以上あるといわれています。パスタにはマカロニやペンネ、ラザニアなど細長い形状ではないものも含みます。

日本でよく見るスパゲティのような細長い形状のものはロングパスタといわれ、一般的には長さ25cmで統一されてます。下記はその代表的なものです。

 ヴェルミッチェリ太さ2.1㎜前後
 スパゲッティ太さ1.9㎜前後
 スパゲッティーニ太さ1.6㎜前後
 フェデリーニ太さ1.3㎜前後
 カペリーニ太さ1㎜前後
 リングイネ断面が楕円形
 タリアテッレリボン状の麺

このようにロングパスタは麺の太さや形状により名称が異なります。それぞれの麺の形状により、合うソースや湯で時間等も変わります。

スポンサードリンク

スパゲティ


スパゲッティとは、ロングパスタの中で太さ1.9mm前後の麺類のことを指します。紐を意味するイタリア語の “spago” という単語が語源となっています。

日本ではロングパスタのことをを厳密な太さを気にせずに「スパゲティ」と呼ぶことも多いです。

しかし、例えば夏の冷たいソースには基本的にカペリーニのような細い麺が合うと言われています。そのためか、冷製「パスタ」と呼ぶことはあっても、冷製「スパゲティ」と呼ぶことはあまりありません。このことから、日本でもある程度の使い分けはされているといっていいでしょう。

まとめ

私たちがよくイメージするイタリア料理の麺類は、多くがスパゲティであり、例外なくパスタであるといえます。パスタは麺状のロングパスタ以外にも、マカロニやペンネ、ラザニアなどを含みます。

以上、この記事では「パスタ」と「スパゲティ」の違いについて解説しました。

  • パスタ :小麦粉を原料とする、イタリア発祥の食材の一つ
  • スパゲティ:ロングパスタの中で太さ1.9mm前後のもの。

パスタの種類だけで500種類以上あり、それぞれにあったソースがあると考えると、イタリア料理の奥深さを感じませんか。みなさんもよろしかったら、色々なパスタで色々なソースを試してみてください。

スポンサードリンク